ZenFone Max Plus(M1)は普段使いにオススメの格安スマホ!!

ZenFone Max Plus(M1) レビュー

ASUSファンのアル(@Alfagoodone)です!

今回はZenFone Max Plus(M1)というASUSから発売されている大容量バッテリー搭載スマホのご紹介です。

低価格帯でありながら豊富な機能と使いやすさをかね備えたZenFone Max Plus(M1)をぜひご覧ください!

ZenFone Max Plus(M1) レビュー

ZenFone Max Plus(M1)外箱

大容量バッテリー搭載のロングスタミナスマホ

ZenFone Max Plus(M1)の最大の特徴は大容量バッテリー搭載のロングスタミナスマホになります!

4130mAhのバッテリー搭載で最大使用時間は通話で45時間、ネット接続だと20時間も利用が可能です。

おなじみのiPhone Xが通話が21時間、ネット接続が12時間なので、ZenFone Max Plus(M1)の場合はおおよそ2倍の時間長く使用できます。

ZenFone Max Plus(M1)スペック

  • OS:Android 7.0
  • SoC: MediaTek MT6750T (オクタコアCPU)
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB
  • ディスプレイ: 5.7型ワイド液晶  IPS液晶
  • バッテリー容量: 4,130mAh
  • 最大待受時間:約683時間 
  • 重量:160g
  • カメラ性能:1,600万画素カメラと800万画素広角カメラ
  • SIMスロット:nanoSIM×2(DSDS対応)

内蔵バッテリーは優秀であるものの、ZenFone Max Plus(M1)は決して高性能なスマホではありません。

しかし、コストパフォーマンスは高く、2万円台の価格帯でありながらデュアルカメラを内蔵。

SIMも2枚使用が可能なDSDSに対応しています。

DSDSとは

DSDSとはデュアルSIM・デュアルスタンバイの略でかんたんに言えば、同時に2枚のSIMを利用できる仕組みです。

例えば通話はドコモのSIMを利用し、通信はauのSIMを使うなどといった使い方も可能になります。

ZenFone Max Plus(M1)の魅力

ZenFone Max Plus(M1)本体

コストパフォーマンスに優れた一台

ZenFone Max Plus(M1)の魅力はコストパフォーマンスの良さと価格から想像できないバッテリー持ちの良さにあります。

ZenFone Max Plus(M1)の価格は25,000~30,000円台というスマホとしてはかなり安い部類に入ります。

価格が安いにも関わらずバッテリー持ちは他のスマホよりも優秀で、僕なんかは一日中使用しても2日に1回程度の充電で済んでいます。

低価格帯でもデュアルカメラを搭載

ZenFone Max Plus(M1)デュアルカメラ

価格は安いZenFone Max Plus(M1)ですが、メインカメラには1,600万画素カメラと800万画素広角カメラが搭載されています。

インカメラには800万画素のカメラも搭載されているので、自撮りなども可能となっています。

いざというときはモバイルバッテリーに

ZenFone Max Plus(M1) 付属品

ZenFone Max Plus(M1)はもしものときには付属のケーブルを使ってモバイルバッテリーとして使用することが出来ます

充電できる端末はスマホに限らず、カメラやミュージックプレイヤーなどUSB端子さえあれば充電することが可能です。

停電した際や充電が困難な状況のときにもZenFone Max Plus(M1)はその性能を発揮してくれます。

ZenFone Max Plus(M1)を半年使ってみて

アル
実際に使ってみて、どのような感じで使えるのか気になりますよね??

実際に僕がZenFone Max Plus(M1)を半年使ってみた率直な感想も書いていきたいと思います。

ZenFone Max Plus(M1)は普段使う分には問題なし!

ZenFone Max Plus(M1)は安さゆえに使い勝手が悪いかと思っていましたが、決してそんなことはありませんでした!

いわゆる普段使いと言われるシーン(SNSや動画、ブラウジングなど)においては他のスマホ同様に使っても何の問題もありません。

かくつく場面もほとんどなく、ゲーム以外であればアプリも普通通りに使えます。

5.7インチ縦長液晶なので動画を見る際も快適に鑑賞できます。

充電は2日に一回でいい

アル
ZenFone Max Plus(M1)のバッテリー持ちは本当にすごいです!

毎日ZenFone Max Plus(M1)を使っていますが、充電は2日に1回で十分に足ります。

 

僕の使い方をざっくりまとめると

ZenFone Max Plus(M1)の1日の使用例

  • 通勤帰宅時のBluetoothによる音楽再生(1時間程度)
  • 昼休みや休憩時間のSNSやブラウジング(1時間程度)
  • 夕食後の動画観覧やSNS、ブラウジング(トータルで2~3時間程度)

 

これだけ使用しても充電は2日に1回で十分持ちます。

Bluetoothはスマホの充電消費も激しいのですが、僕はめんどくさがりでBluetoothは常にONの状態にしています。

YouTubeなどの動画も約30分は毎日見ていて、SNSとブラウジングに関しては暇さえあれば見ている感じになります。

キャリアスマホを使っていた時には毎日充電が必須でしたが、ZenFone Max Plus(M1)に変えてからは本当に充電の頻度は大きく減りました。

 

ゲームは厳しめ

ZenFone Max Plus(M1)はゲーム用途には不向きです。

モンストやパズドラのような軽いアプリなら使用可能です。

しかし、デレステなどのリズムゲーム、PUBGや荒野行動といった3Dゲームには全く向きません。

いくつかプレイしてみましたが、ZenFone Max Plus(M1)に関してはゲームは出来ないと、きっぱり割り切った方が無難です。

ZenFone Max Plus(M1)自体が安いスマホなので、余裕があれば別にゲーム用としてスマホを買うのもありです。

僕はその安さを利用してZenFone 5Zとの2台持ちで対応しています(*´ω`*)

ZenFone5Z (ZS620KL) 購入レビュー!コストパフォーマンス最高。

まとめ ZenFone Max Plus(M1)は普段使い専用

実際に半年使ってみて思ったことは、ZenFone Max Plus(M1)は普段使いとしてはとても便利な1台です。

 

ZenFone Max Plus(M1)のおすすめポイント

  • バッテリーが長持ち
  • 縦長ディスプレイで動画も快適
  • デュアルカメラ・デュアルSIMでコスパ良し
  • いざという時はモバイルバッテリーに

 

基本的な使い方は普段使いになりますが、トータルでみてもコストパフォーマンスが良く値段以上に使える端末です。

おサイフケータイや防水防塵機能はついていないので、おサイフケータイ機能を使っている方は注意が必要です。

価格が安いのを利用してモバイルバッテリー付きスマホとして使ってみるのも悪くないかもしれません。

あなたも一度このバッテリーの持ち体験してみてはいかがでしょうか??

アル
僕はもう離れられそうにありませんww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA