ゲームが超快適になる高速Wi-Fi6ルーター「ASUS TUF Gaming AX6000」実機レビュー

7 min 1,915 views
ASUS TUF Gaming AX6000 レビュー

ゲームをプレイする上でこんな事態に遭遇したことはないでしょうか?

新作ゲームをはやくダウンロードしたいけど、ダウンロード速度が遅すぎてイライラ

家族で使っていて、ゲームの大事な場面なのにネット環境のせいでうまくプレイが出来ない

そんな悩みを解決してくれるのが今回紹介する「ASUS TUF Gaming AX6000」というルーター。

ASUSブランドの中でも耐久性と機能性に優れた人気のあるTUFブランドから登場したゲーミングWi-Fiルーターになります。

TUF Gaming AX6000はWi-Fiルーターの中でもハイスペックな部類に位置するモデルで、同じTUFブランドから発売されているTUF Gaming AX4200の上位モデルという位置づけ。

上位モデルでありながら、価格は約2万円台とかなり抑えられた商品で、かなりお得感に溢れるゲーミングルーターとなっています。

アル

アル

この記事では、TUF Gaming AX6000の魅力や特徴について、実際の速度なども交えつつ、詳しく解説していきます。

ASUS 「TUF Gaming AX6000」
魅力と特徴

ゲームに特化したWi-Fiルーター

TUF Gaming AX6000は、ゲームに特化した最大約6,000Mbpsの通信が可能な高性能Wi-Fiルーターです。

TUF Gaming AX6000

TUF Gaming AX6000に搭載されている機能として、ゲームに特化した主な機能は以下の通り。

TUF Gaming AX6000のゲーム特化機能
  • ゲーミングポート搭載
  • モバイルゲームモード
  • オープンNAT
  • 長時間稼働を考慮した冷却性能

ゲーミングポート搭載

ゲームのパケットを優先的に処理するゲーム用LANポートを搭載

ゲーム用LANポートにPS5やゲーミングPCなどを接続しておけば、アップデートなどで大容量のデータをダウンロードしなくてはいけない状況でも、自動で優先的に通信容量を確保してくれます。

ゲーミングポート

ゲームだけでなく優先して使いたい端末をゲーミングポートにつないでおけば、その端末を優先して処理してくれるので、メインPCの通信速度を優先させたいときなどにも重宝する機能です。

モバイルゲームモード

TUF Gaming AX6000では有線接続だけでなく、スマホやタブレットなど無線接続でもゲーム通信を優先させることのできる「モバイルゲームモード」を搭載

モバイルゲームモードを適用することで、遅延ラグを減らすことが出来るので、モバイルゲームでも快適なゲーム環境を構築できます。

モバイルゲームモード
アル

アル

モバイルゲームモードは、スマホアプリ「ASUS Router」からカンタンに設定ができます!!

オープンNAT

オープンNAT機能は、マルチでゲームをプレイする際にまれに発生するポート開放問題を気軽に解決できる便利な機能

PS5などでチャットに参加できなかったり、グループに参加出来なかったりとNATで問題が発生した場合、ポート開放が必要になります。

従来であれば、ポート開放にはある程度の知識が必要になってくるのですが、TUF Gaming AX6000ではアプリの管理画面から開放したいゲームを選択するだけ。

NATのイメージ
アル

アル

カンタンな操作でポート開放ができるので、ゲーマーにとってはとてもありがたい機能!

長時間稼働を考慮した冷却性能

TUF Gaming AX6000では、長時間のプレイも考慮するため熱対策もしっかりしています。

長時間使用による速度の低下や劣化を防ぐため、ナノカーボンコーティングやメタルポートプロテクターなど、ルーターとしてはかなり贅沢な仕様となっています。

アル

アル

安定性、耐久性ともに最高クラスのWi-Fiルーター!!

IPv6対応のWi-Fi6ルーター

TUF Gaming AX6000はゲームに特化しているだけでなく、基本性能も高い高性能ルーターです。

TUF Gaming AX6000の高速通信機能
  • Wi-Fi6対応ルーター
  • 2.5GbEポート搭載
  • IPv6 IPoEに対応

Wi-Fi6対応ルーター

広範囲に安定した無線通信が可能なWi-Fi6に対応

OFDMA機能により、従来のWi-Fi5よりも広範囲に安定した通信を可能にしています。

さらに自動で利用しているデバイスを認識し、通信を安定させるビームフォーミング機能なども搭載。

ビームフォーミング

OFDMAとは?
OFDMAは、無線通信で複数のユーザーが同時に通信するための方式。
周波数帯域を分割し、個別のデータストリームに割り当てることで、効率的な通信と高いスペクトラム利用率を実現します。

アル

アル

専門用語ばかりだけど、カンタンに言えばルーターの範囲内であれば、どこでも快適な通信環境ってこと。

2.5GbEポート搭載

TUF Gaming AX6000には、2ギガ以上の光回線に対応した2.5GbEのWANポートを搭載

近年普及してきている大容量の光通信の性能を十分に発揮できます。

TUF  Gaming AX6000 ポート

またLANポート側にも2.5GbEを1基搭載している珍しいモデル。

アル

アル

対応したPCやNASで利用することにより、速さを追求した環境を構築することも可能です。

IPv6 IPoEに対応

IPv6 IPoEにも対応しており、夜の回線混雑時でも快適にネット回線を利用できます。

v6プラス

TUF Gaming AX6000ではv6プラスに対応しているので、NTT系列のフレッツ光などで快適な通信が可能。

アル

アル

ゲームに特化した機能だけでなく、通常のルーターとしても機能が豊富なゲーミングルーターです!

ASUS 「TUF Gaming AX6000」
外観

ここからは、「TUF Gaming AX6000」の外観を詳しく見ていきます。

TUF Gaming AX6000の第一印象は、SF映画に登場してきそうな戦闘機のような独特のデザインです。

TUF X6000

サイズとしては大きめのデザインとなっていますが、その分耐久性や冷却性に優れており、性能を重視したデザインとも言えます。

本体中央上部には、「ASUS AURA」に対応したLEDイルミネーションを搭載。

TUF Gaming AX6000 LED

ASUS AURAに対応した製品と同期することにより、イルミネーションパターンなどを一括で管理することも可能。

状態表示用のLEDインジケーターは、全面下部に表示。

TUF Gaming AX6000 インジケーター

放熱用の通気口もデザインにうまく馴染んでいて、見た感じは戦闘機やロボットの排熱フィンのようです。

TUF Gaming AX6000 通気口

アンテナは6本と搭載されていて、どのアンテナも水平180°垂直90°と、割と広範囲に動かせるようになっています。

TUF Gaming AX6000 アンテナ

本体底面は全体がメッシュ構造となっていて、放熱性を重視。

TUF Gaming AX6000 背面

ポート部分は本体背面に集約されていて、以下のような構成となっています。

TUF Gaming AX6000 ポート
  • 2.5Gbps WANポート ×1
  • 2.5Gbps LANポート ×1
  • 1Gbps LANポート ×1(ゲーミングポート)
  • 1Gbps LANポート ×3
  • USB 3.2 Gen1 ×1

ASUS 「TUF Gaming AX6000」
仕様

TUF Gaming AX6000の詳しいスペックは以下の通り。

TUF Gaming AX6000 外箱
機種名ASUS TUF Gaming AX6000
通信規格Wi-Fi6
IEEE 802.11a/b/g
WiFi 4 (802.11n)
WiFi 5 (802.11ac)
WiFi 6 (802.11ax)
通信速度5Ghz:4804Mbps (802.11ax)
2.4GHz: 1148Mbps (802.11n)
Wi-Fiカバー範囲3階建て
4LDK~
最大接続数70台
外付けアンテナ数6
動作モードルーターモード
アクセスポイント(ブリッジ)モード
リピーター(中継器)モード
有線ポート数2.5Gbps WANポート ×1
2.5Gbps LANポート ×1
1Gbps LANポート ×1(ゲーミングポート)
1Gbps LANポート ×3
USB 3.2 Gen1 ×1
重さ696 g

基本性能が高く、Wi-Fiのカバー範囲も3階建てや4LDKにまで対応。

有線ポート数も多いモデルとなっているので、ゲームをしない人であっても重宝する高性能なルーターと言えます。

ASUS 「TUF Gaming AX6000」
実際に使ってみた感想

ここからはTUF Gaming AX6000を実際に使ってみた率直な感想を掲載。

アル

アル

リアルな感想を書いてるので、購入前の参考にしてみてください。

TUF Gaming AX6000の通信速度は速い

TUF Gaming AX6000の実際の通信速度を他のモデルと比較検証してみました。

比較に使用した機種は、他社製品のWi-Fi5ルーター。

Deco S7の設置例

ルーターを設置している部屋いちばん電波の悪いトイレ付近で通信速度を測定します。

間取り図

ちなみに物件サイズは1LDKとなっていますが、鉄筋コンクリート造の物件でWi-Fiの広がりやすさは良くはありません。

アル

アル

測定結果がこちら!!

Wi-Fi5ルーターTUF Gaming AX6000
ルーター付近ダウンロード:399Mbps
アップロード:270Mbps
ダウンロード:568Mbps
アップロード:778Mbps
トイレ付近ダウンロード:252Mbps
アップロード:278Mbps
ダウンロード:447Mbps
アップロード:404Mbps

他社のWi-Fi5ルーターでの測定結果は、決して遅い数値ではないものの、ダウンロードは最大で400Mbps前後。

アップロードに関しては、300Mbps以下という結果。

TUF Gaming AX6000では、ダウンロードが568Mbps、アップロードは778MbpsとWi-Fiの通信速度としては、従来のWi-Fi5ルーターより快適な速度が保てています。

何度か時間帯をずらして計測してみても、400~900Mbpsと、どの時間帯においても安定した速度が出ていました。

アル

アル

TUF Gaming AX6000は、どの時間帯においても速度が安定。

次に有線接続による速度も測定。

時間帯は夜の22時と割と混雑する時間帯で計測しています。

TUF Gaming AX6000 有線接続速度

有線接続においても510Mbpsと高い数値

アップロードスピードに関しては320Mbpsという数値になっていますが、最大600Mbps程度出る瞬間もありました。

次にTUF Gaming AX6000の電波強度を測定。

TUF Gaming AX6000 電波強度

電波強度に関しては、TUF Gaming AX6000だと、いちばん離れた場所では若干弱い印象。

物件が鉄筋コンクリート造物件なため、入りが悪いのは仕方ない部分はありますが、思ってた以上に強度が良くありませんでした。

ただ、先ほど計測した速度測定においては、電波強度の弱い離れた場所でも400Mbps前後の速度は保てているので、一概に悪い結果とは言いにくい結果となりました。

アル

アル

速度は出ていたのに、電波強度が弱いというのは意外な結果でした!

ゲームに特化したアプリが使いやすい

次にTUF Gaming AX6000のアプリの使いやすさについても見ていきます。

触ってみた印象としては、初心者でもわかりやすい操作性と、細かな設定がしやすい印象を受けました。

特にカスタマイズ機能が優秀で、モバイルゲームの速度を優先するモバイルゲームモード手軽に回線の優先度が設定できるQoS設定などは、他社製品より手軽に設定できます。

モバイルゲームモード

セキュリティ設定や各種機能設定などもスマホからでも行える仕様になっているので、わざわざパソコンをつけて設定しなくていい点も、設定がラクでとても助かりました。

セキュリティ面においてもASUS製のルーターは優秀で、年齢に応じたインターネット管理トレンドマイクロ社のAIプロテクションなども搭載されているので、基本的な機能としてもかなり充実しています。

アル

アル

スマホからいろんなカスタマイズや設定が行えて便利!!

TUF Gaming AX6000のイマイチな点

性能的な点においては特に不満はないのですが、唯一イマイチな点をあげるとすれば、置き場所のスペース確保が必要な点くらい。

TUF Gaming AX6000 置き場所

TUF Gaming AX6000は、ルーターの中でもすこし大きめのサイズになるので、それなりのスペースの確保が必要になります。

TUF Gaming AX6000 大きさ
スマホ3台分くらいの大きさ
アル

アル

デザイン的にもゲーマー向けのデザインとなっているため、置き場所によっては存在感が大きくなるかも・・・

まとめ
ゲームを長時間プレイする人におすすめのWi-Fiルーター

ASUSWi-Fiルーター「TUF Gaming AX6000」のレビューは以上となります。

さいごにTUF Gaming AX6000の特徴をまとめるとこんな感じになります。

デメリット
  • デザインがゲーマ向け
  • Amazon限定モデル
メリット
  • 最大6000Mbpsの大容量高速通信ルーター
  • ゲーマーに快適な機能満載
  • 冷却性能バツグンでいつでも快適な通信環境
  • Wi-Fi6&メッシュWi-Fi&v6プラス対応
  • 価格は2万円台と機能の割にお手頃価格

ゲーミングルーターの名の通り、ゲームが好きな人にはおすすめと言えるゲーミングルーターでした。

2.5GbEのポートを搭載している点や、ゲーマ向け機能を豊富に搭載しているので、通常のルーターよりも確実にゲームのプレイ環境は良くなります

また普段使いのルーターとしても優秀で、Wi-Fi6やメッシュWi-Fi、v6プラス、優先したい通信を確保できるQoS機能など、使い勝手のいい機能も充実しています。

価格も性能の割に手の出しやすい価格で販売されており、だいたい2万円ちょい出せば手に入るという点もお得感を感じます。

ただ注意しておきたい点としては、「TUF Gaming AX6000」Amazon専売モデルとなっているため、Amazonでしか買えないという点だけ注意しておきたいところです。

アル

アル

家電量販店とかでは買えないけど、ゲーム好きならぜひ購入してほしいモデルとなっているので、気になった方はぜひAmazonにてチェックしてみてください!!

アル

アル

ガジェットブロガーの「アル」です。
ASUSのスマホをメインにイヤホンやスマートホーム家電を実際に触ってレビューしていきます。
ちょっと便利なグッズの紹介なんかもやってます。


読むとちょっと便利になれるブログです♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA