1万円以下で欲しい機能全部ある!SOUNDPEATSの完全ワイヤレスイヤホン「Air4 Pro」実機レビュー

5 min 397 views
SOUNDPEATS Air4 Pro レビュー

コスパに優れたイヤホン好きのガジェットブロガーのアル(@Alfagoodone)です。

この記事ではSOUNDPEATSから発売されている完全ワイヤレスイヤホン「Air4 Pro」について紹介します。

Air4 Proは、8,480円と1万円以下のモデルでありながら、機能と音質に優れた完全ワイヤレスイヤホンで2023年のモデルの中でもイチオシのモデルです。

aptX Losslessやノイズキャンセリング機能、マルチポイント機能など、とにかく機能が充実しておりまさにコスパオバケと言えます。

そんなコスパに優れたSOUNDPEATS Air4 Proを当記事では、じっくりとレビューしていきたいと思います。

当記事はSOUNDPEATS様から実機を提供して頂き、レビューを掲載しています。

SOUNDPEATS Air4 Pro
特徴と魅力

SOUNDPEATS Air4 Pro 外箱

SOUNDPEATSのAir4 Proは、1万円以下の価格でありながら高性能な機能を兼ね備えた、1万円のイヤホンとは思えない贅沢な完全ワイヤレスイヤホンです。

SOUNDPEATS Air4 Proの特徴
  • QualcommのBluetoothチップ「QCC3071」を採用
  • aptX Lossless/Snapdragon Soundに対応
  • ノイキャンやゲームモード、マルチポイントなど機能も充実

QualcommのBluetoothチップ「QCC3071」を採用

SOUNDPEATSのAir4 Proは、ロスレス音質に対応したQualcomm社製のBluetoothチップ「QCC3071」搭載

Bluetooth5.3に対応し、高音質かつ省電力性にも優れた高性能なBluetoothチップを内蔵しています。

aptX Lossless/Snapdragon Soundに対応

aptX Lossless/Snapdragon Soundに対応しており、ハイレゾ相当(24bit/96kHz)の高音質を再現可能

まだ有線イヤホンと同じような感覚で使える低遅延となっており、ゲームや動画の視聴などでも問題なく使用可能となっています。

ノイキャンやゲームモード、マルチポイントなど機能も充実

最大で-45dBのノイズキャンセリング機能遅延を少なくするゲームモード、2台の端末と同時接続が可能なマルチポイントにも対応。

1万円以下とは思えない機能の充実っぷりで、文句なしに買って損はない完全ワイヤレスイヤホンと言えます。

アル

アル

ここからはさらに詳しくSOUNDPEATS Air4 Proを解説していきます!!

SOUNDPEATS Air4 Pro
外観

ここからはAir4 Proの外観について詳しく解説していきます。

イヤホン本体

SOUNDPEATS「Air4 Pro」はカナル型のワイヤレスイヤホンとなっています。

黒をベースにブロンズを基調したデザインで、安さを感じさせないデザインとなっています。

Air4 Pro 本体

ロゴ部分はタッチパネルとなっており、操作もロゴ部分をタップして操作。

Air4 Pro ロゴ

イヤーピースは薄型でこちらも黒とブロンズカラーをイメージしたデザイン。

Air4 Pro 側面

ノズル部分は楕円形のデザイン。作りもしっかりとしています。

Air4 Pro ノズル

充電収納ケース

充電収納ケースはシンプルかつコンパクトなデザイン。

Air4 Pro 充電ケース

充電状況を示すLEDインジケータも搭載し、色で残量を知らせてくれます。

100~50%緑で点灯
49~10%黄色で点灯
10%未満赤で点灯
アル

アル

ちなみに本体内蔵のバッテリーは最大で26時間の使用が可能です。

本体下部には充電用のUSB-C端子と操作用のボタン。

Air4 Pro 充電ケース下部
アル

アル

充電ケースはとてもシンプルなデザインですが、コンパクト設計のためポケットに入れてもジャマになりにくいのが特徴。

付属品

付属品はイヤーピースと充電用のUSB-C&USB-Cのケーブルが付属します。

Air4 Pro 付属品

イヤーピースは全部でS、M、Lの3サイズ。

すべて厚みの少ない薄型のイヤーピースとなっています。

ケーブルはちょっと短め。

アル

アル

付属品については、最低限って感じ。

SOUNDPEATS Air4 Pro
スペック

SOUNDPEATS Air4 Pro パッケージ

SOUNDPEATS Air4 Proのスペックは以下の通り。

製品名SOUNDPEATS Air4 Pro
装着方式カナル型
駆動方式13mmダイナミック型
搭載SoCQualcomm社製QCC3071
最大再生時間6.5時間(イヤホン本体)
26時間(収納ケース)
充電時間約2時間
対応コーデックaptX Lossless
aptx adaptive
aptx
AAC、SBC
防水性能IPX4
充電ポートUSB-C
価格8,480円(税込)

Qualcomm社製QCC3071の搭載しており、最新のaptX Losslessやaptx adaptiveに対応しています。

他にもaptx Voice風ノイズ軽減機能マルチポイントゲームモードなどにも対応しており、機能面はかなり充実しています。

  • Adaptive ANC
  • aptx Voice
  • 通話ノイズリダクション
  • マルチポイント
  • 装着検出機能
  • 風ノイズ低減
  • ゲームモード
アル

アル

1万円以下でこれだけ機能が充実しているのはかなり贅沢!!

SOUNDPEATS Air4 Pro
実際の使用感

ここからはSOUNDPEATS Air4 Proの実際の使用感について解説していきます。

アル

アル

リアルな感想を書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

音質はお値段以上

SOUNDPEATS Air4 Proは正直いって、1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしてはめちゃくちゃ質のいい音質です。

SOUNDPEATS アプリ
SOUNDPEATS Air4 Pro
音質
4.5
ノイキャン性能
4.0
機能面
4.0
コスパ
5.0

質感としてはドンシャリ寄りではありますが、心地よい重厚感で聴いていて疲れにくい印象です。

音のバランスはしっかりとしているので、結構どんなジャンルにも合わせやすいイヤホンです。

個人的に高音域はすこしこもり気味に感じる部分もありましたが、一万円以下という価格を考えるとそれ相応なのかなと感じます。

普段使いとして使う分には、十分な性能と音質で持ち歩くにはベストなイヤホン。

アル

アル

僕は普段SONYのWF-1000XM4を愛用していたのですが、使い勝手の点で普段使いはAir4 Proに変えました!

ノイキャン機能も十分

アクティブノイズキャンセリング機能は、周囲の雑音を最大-45dBカットすることが出来ます。

実際に出張の際に新幹線の中で使用してみましたが、ノイキャン性能に関してもしっかりしており、走行音などはしっかりとかき消してくれていました。

人の会話に関してもほとんどの音をかき消してくれており、音楽を流していれば全く気にならないレベル。

ただ高音域のノイキャンだけ弱い印象で、トンネルの中や陸橋などが多少聴こえてくる感じがしました。

アル

アル

1万円以下のモデルとしては、十分すぎるノイキャン性能!!

タッチパネル操作が微妙

SOUNDPEATS Air4 Proは、機能や性能面では全く不満はないのですが、タッチパネルの操作感にはちょっと不満を感じました。

音量を下げる左側のイヤホンを1回タップ
音量を上げる右側のイヤホンを1回タップ
曲送り右側のイヤホンを1.5秒長押し
再生/一時停止イヤホンを素早く2回タッチ
モードの切替左側のイヤホンを1.5秒長押し
端末の音声認識アシスタント右側のイヤホンを3回タップ
ゲームモードの有効化左側のイヤホンを3回タップ

基本的な操作は一通りできるのですが、主要のイヤホン比べると操作方法がすこし特殊。

片方のイヤホンを1回タップで音量調整する点や、一時停止が2回タップなどいろんなイヤホンを使ってきましたが、珍しい操作の仕方だったので、正直慣れませんでした。

また曲戻しに関する操作がない点もちょっと減点ポイントでした。

アル

アル

操作のカスタマイズなどが出来たら文句なしでした。

イヤーピース交換する人は注意

Air4 Pro自体の問題点ではないのですが、イヤーピースを交換する予定の人はイヤーピース選択に注意が必要です。

Air4 Proのイヤーピースは厚みのない薄型のデザインとなっており、イヤーピースによってはイヤホンがケースに収まりません。

Air4 Pro 社外イヤーピース装着
finalのType Eを装着したけどケースに収まらない

別途イヤーピースケースを用意したり、薄型のワイヤレスイヤホン用イヤーピースを用意するなど工夫が必要です。

マルチポイント機能とゲームモードが便利

SOUNDPEATS Air4 Proは、マルチポイントやゲームモードを搭載していてとても便利。

2台の端末と接続が可能になるマルチポイント機能は、スマホを複数台持ってる人や音楽再生端末とスマホを使い分けてる人には便利な機能。

ゲームとAmazonMusic

Air4 Proを両方の端末に登録しておけば片方で音楽を聴いていても、別の端末からの電話がかかってきたりしても瞬時に切り替えが可能。

Air4 Proは反応速度も速く、端末の切り替えがかなりスムーズに行えます。

アル

アル

2台持ちにはマジで便利な機能!!

ゲームモードでは遅延をなくすことに特化してくれるので、スマホゲームや動画再生も違和感なく利用することが出来ます。

Air4 Pro ゲームモード
アル

アル

実際にゲームやYouTubeなどを視聴してみましたが、違和感なくプレイすることが出来ました!

まとめ
Air4 Proはコスパ最強イヤホン

SOUNDPEATS Air4 Proのレビューは以上となります。

SOUNDPEATS「Air4 Pro」は、手頃な価格でありながらも高性能なワイヤレスイヤホンでした。

SOUNDPEATS Air4 Pro パッケージ
デメリット
  • タップ操作がイマイチ
  • イヤーピースによっては本体収納できない
メリット
  • 価格以上の性能と音質
  • aptX Lossless対応
  • ノイキャン性能も十分

1万円以下のモデルとしては、性能面と音質ともに十分満足できるモデル

音質重視のイヤホンには敵いませんが、機能重視のワイヤレスイヤホンと比較すれば、音質は1~2万円台クラスのイヤホンにも引けを取りません

価格面から見ても通勤や通学のおともとしてまさにピッタリのモデルです。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしては、かなり完成度の高いイヤホンとなっているので、安くて音質のいいイヤホンを探している人にはオススメの商品です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA