【かんたんにメッシュWi-Fi環境がつくれる】ASUSの無線ルーター RT-AC67U【レビュー】

6 min 408 views
ASUS RT-AC67U レビュー

ドォーモ!ASUS大好きブロガーのアル(@Alfagoodone)です!

今回紹介するASUS製品はASUSから発売されているメッシュWi-Fi対応ルーター「 ASUS RT-AC67U 」という機種になります。

僕自身一度メッシュWi-Fiというものを使ってみたいという気持ちがあり、購入してみた商品。

メッシュWi-Fi対応機種としては人気の商品となっており、価格帯も10,000円以下で買えるとコスパにも優れたWi-Fiルーターです。

今回のレビュー商品

アル

アル

今回の記事では実際にASUS RT-AC67Uを使ってみた感想や性能について詳しく紹介していきます。

ASUS メッシュWi-Fiルーター
RT-AC67Uの特徴

ASUS RT-AC67U 外箱
ココがポイント!
  • 最大速度1300Mbpsに対応したデュアルバンド
  • 部屋の隅々まで電波が届く メッシュWi-Fi「AIMesh」対応
  • スマホでかんたんにWi-Fi管理ができる

ASUS RT-AC67U は2.4GHz帯と5GHz帯にも対応した 最大速度1300Mbpsに対応したデュアルバンドルーター です。

メッシュWi-Fi「AiMesh」対応機種となっており、複数のAiMesh対応ルーターをを設置することで これまで電波の届かなかったような場所もカバー出来るように なりました。

ASUS専用アプリ「ASUS Router」で Wi-Fi管理がスマホ出来る というとても便利な機能を搭載したルーターとなっています。

ASUS メッシュWi-Fiルーター
RT-AC67U 外観

ASUS RT-AC67U はアンテナが3本取りつけられたら少し大きめの無線ルーター。

ASUS RT-AC67U 本体

大きさ的には約スマホ3台分くらいのサイズです。

ASUS RT-AC67U 大きさ

3本のアンテナは角度を自由に調節ができ、自宅の環境に合わせて向きを変えられます。

ASUS RT-AC67U アンテナ

無線ルーター本体はダイヤ柄のデザインで外観もかっこよく仕上がっています。

ACアダプターは縦型のスリムデザイン。

横に大きなアダプターとは違いスリムなデザインの電源なので、電源タップの種類を選ばす取り付けが可能です。

ASUS RT-AC67U ACアダプター

LANポートは最大4本まで取り付けが可能。

ASUS RT-AC67U LANポート

本体上部にはASUSのゴールドのロゴ。

ASUS RT-AC67U ロゴ

全体的にしっかりとした作りで高級感すら感じさせます。

アル

アル

見た目もかっこいいので、見える部分に設置しても全然問題なし!

ASUS メッシュWi-Fiルーター
RT-AC67U スペック

ASUS RT-AC67U スペック
アンテナ 2.4GHzと5GHzのデュアルバンド 外付けアンテナ×3
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大転送速度 1300Mbps(5GHz帯)、600Mbps(2.4GHz帯)
サイズ 218×148×45 ㎜
重量 650g
その他機能 ASUS AIMesh対応、セキュリティー機能「AiProtection」搭載
価格 12,000円前後(2019年11月現在)

最大1,300Mbpsの高性能デュアルバンドルーター

ASUS RT-AC67U2.4GHzと5GHzに対応したデュアルバンドルーター です。

2.4GHzと5GHzの同時通信も可能で、同時接続による回線混雑も回避できるといったメリットを持っています。

速度は最大1,300Mbps(5GHz)、600Mbps(2.4GHz)と申し分ない性能。

接続台数の目安も18台となっており、余裕のある仕様となっています。

メッシュWi-Fiに対応

ASUS RT-AC67Uは部屋全体に網目状に電波を張り巡らせる、 メッシュWi-Fiに対応したルーター

網目状に電波を張り巡らすことにより、繋がりにくさを解消。

通信環境が悪いと感じた場所には、メッシュWi-Fiに対応した子機を追加し、さらに安定した通信を可能にするビームフォーミングにも対応しています。

アル

アル

メッシュWi-Fiは部屋のどこにいても安定した通信が魅力!

メッシュWi-Fiとは

ちなみにメッシュWi-FiがこれまでのWi-Fiとどのように違うのかというと、

Wi-Fiの繋がりにくい場所がこれまでのものより格段に減る

という点です。

従来のWi-Fiの場合、通信環境が悪い環境においては、中継器を使って電波環境を改善するのが主流でした。

しかし中継器の場合は速度環境はLANケーブルにつないだルーターに依存してしまい、安定した速度が出ないといった場面も見受けられました。

それがメッシュWi-Fiの場合は、メッシュWi-Fiに対応した機器を追加することで
メインルーターの分身に近いネットワーク環境を構築出来ます。

またメッシュWi-Fiの場合は常に最適な接続環境を持つWi-Fiルーターに自動接続をするので、部屋のどの場所にいても安定した速度を出すことが可能になります。

アル

アル

文章にするととても分かりにくいので、詳しく知りたい方は以下のサイトを参考に。

ASUS RT-AC67Uの接続方法

ASUS メッシュWi-Fi

ASUSのルーターは接続設定もかんたんなのも魅力のひとつ。

ASUSのルーターの設定方法は全部で3パターン

  • パソコンに繋いで有線で行う
  • 無線接続でセットアップ
  • スマホアプリを利用してセットアップ

中でもおすすめはスマホアプリで設定する方法。

スマホアプリであれば、 面倒なWi-Fiの設定がたったの10分程度でできます

アプリは設定完了後もWi-Fiの管理も行える便利なアプリなので、導入しておくととても便利です。

ASUS Routerの設定方法

ASUS Routerアプリをインストール

まず始めに、GoogleplayもしくはApp StoreからASUS Routerアプリをインストール。

ASUS Router
ASUS Router
開発元:ASUS
posted withアプリーチ

アプリをインストールしたら、新しいASUSルーターの設定をタップします。

ASUS ルーター設定画面
設定するルーターの検索

ASUSルーターの設定をタップすると検索を開始するので検索が終了するまでしばらく待ちます。

検索が完了するとASUS_C8_2Gという機器が表示されるので、ASUS_C8_2Gを選択。

ASUSルーター 機種探索


ここで機器をなかなか拾ってくれない場合は、少し待ってタップするか検索を何度かタップすると表示されます。

ルーターの設定

検索が完了したら、ルーター本体の設定に移ります。

ここではプロバイダ情報の入力が必要になる場合があるので、手元にプロバイダのユーザーIDなどを用意しておく必要があります。

設定をはじめるをタップ すると、PPPoE設定が表示されるので、ここではプロバイダから配布されているユーザーIDとパスワードを入力。

ASUSルーター プロバイダ情報

入力が不要な場合もあるので、表示されない場合は次の手順に進んで大丈夫です。

Wi-Fiパスワードの設定

次にWi-Fiのパスワード設定。

ここで設定するパスワードは他の端末でWi-Fiを使用するときのパスワードになります。

ASUSルーター Wi-Fiパスワード

パスワードは覚えやすいものでも大丈夫ですが、セキュリティ的には少し長めのパスワードしておくと安心です。

ログイン設定

ログイン設定はルーターへ接続する際の大事なパスワードになります。

こちらに関しては本人にしか分からないパスワードしておいた方が無難。

ASUSルーター ユーザー名
スマホをWi-Fiに接続

ここまで完了すれば、Wi-Fiの設定はほぼ完了です。

今使っているスマホをルーターのWi-Fiに接続していきます。

ASUSルーター Wi-Fi

さっき設定したWi-Fiパスワードと同じ端末名が表示されるので、同じWi-Fi名を見つけてタップ。

2Gと5Gが表示される場合がありますが、選ぶのはどちらでもOK。

回線には5Gの方が安定していることが多いので、個人的には5Gがおすすめ。

セキュリティー対策の設定

この段階でルーターの設定は完了ですが、セキュリティ対策の設定も行っておきましょう。

行っておきたいのはhttps化とAiProtectionの有効化。

ASUSルーター セキュリティ対策

どちらもシステム画面からタップしていくだけで設定出来るので設定自体はかんたんです。

どちらも不正アクセスを防ぐための大事な設定なので、ぜひ導入しておきましょう。

設定完了
アル

アル

これで設定は完了です!

ASUS RT-AC67Uの実際の使用感

ASUS RT-AC67U 外観

設定が完了したら、ルーターを実際に使用していきます。

アル

アル

ここからは僕がASUS RT-AC67Uを1週間程度使用してみた素直な感想を紹介していきます。

使ってみて分かったASUS RT-AC67Uの良いところ

電波の範囲がとても広い!

RT-AC67Uを実際に使ってみた率直な感想としては電波範囲がかなり広いなと感じました。

ASUS RT-AC67Uはマンションの場合4LDKの広さに対応していることもあり、僕の住んでいる1LDK物件であれば余裕で全体をカバーしてくれました。

アル

アル

ルーターから一番遠い玄関先でも電波が普通に届く。

アプリでのWi-Fi管理が便利!

ASUS RT-AC67UにはASUSルーターの専用のアプリがあり、このアプリがWi-Fiの管理ができとても便利です。

ルーターに接続されている端末の種類や接続している周波数帯(2.4GHz、5GHz)、構築されているメッシュルーターなどスマホの画面から確認することが可能となっています。

アル

アル

スマホで通信環境が確認出来るのはめちゃくちゃ便利!!

使ってみて分かったASUS RT-AC67Uの悪いところ

RT-AC67Uは電波範囲が広く、基本的には使い勝手は良いルーターですが、ひとつだけ微妙な点があります。

それがIPV6通信に対応していない点。

ASUSのRT-AC67Uは回線混雑時でも安定した速度が出せるIPV6に対応しておらず、通信はすべてIPV4での接続です。

僕の場合、IPV6に対応したプロバイダと契約をしていたので、混雑時は十分な速度が出ないという結果になってしまいました。

ASUSルーター 速度
アル

アル

電波強度はいいのに通信速度は遅いというなんとも切ない環境になってしまいました…

僕の場合、ASUSのRT-AC67Uに変えるまではビッグローブ光のIPV6を利用していたので、IPV6に対応していないRT-AC67Uでは使いにくい場面が多々ありました。

アル

アル

IPV6環境を構築している人にはあまりおすすめの出来ないルーターです。

IPV6に対応したプロバイダー

ちなみにですが、通信速度の安定したIPV6が利用可能なプロバイダーは主に

などがあります。

なので、IPV6環境でインターネットを構築している人は、素直にNEC製やバッファローなどを利用した方が通信環境的には安定するのかなと感じました。

まとめ ASUS RT-AC67Uは広い空間でこそ役に立つ!

実際にASUS RT-AC67U を1週間程度使用してみましたが結論として、ASUS RT-AC67Uは 電波強度を優先したい人向けのルーター です。

PCやPS4などのゲームで大容量のデータをダウンロードすることの多いユーザーには不向きな機種になりますが

2LDK以上のマンションや一軒家のなど、家族全員で 広範囲のネットを利用するような環境で役にたつ1台 です。

こんな人におすすめ
  • 速度より接続の安定性を重視したい人向け
  • 複数の端末のWi-Fi環境をスマホで管理したい
  • 2階建てや鉄筋コンクリートの物件に住んでる方

ASUS RT-AC67U は現状の通信速度に不満はないけれど、電波環境をどうにかしたいという人向けの機種です。

また、ASUSのルーターは専用のアプリがとても使いやすくWi-Fiの管理もしやすいので、Wi-Fi対応機器を多数所持している人にも使いやすい機種です。

RT-AC67Uの魅力でもあるメッシュWi-Fiは、他のASUSのメッシュWi-Fiに対応した機器を追加することによりさらに安定した電波環境を整えることが可能。

アル

アル

これからメッシュWi-Fi環境を整えたいって人におすすめの1台となっています。

アル

アル

ガジェットブロガーの「アル」です。
ASUSのスマホをメインにイヤホンやスマートホーム家電を実際に触ってレビューしていきます。
ちょっと便利なグッズの紹介なんかもやってます。


読むとちょっと便利になれるブログです♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA