【ゲームもできる低遅延】AVIOT TE-D01gv レビュー【aptX Adaptive対応完全ワイヤレスイヤホン】

6 min 579 views
AVIOT TE-D01gv レビュー

ドォーモ!AVIOTイヤホンを愛してやまないブロガーのアル(@Alfagoodone)です!

AVIOTから従来のBluetooth接続より 低遅延で音切れしにくい高性能完全ワイヤレスイヤホンAVIOT TE-D01gv 」が発売されました!

AVIOT TE-D01gvは、1万円以内で購入できる コスパに優れた完全ワイヤレスイヤホンでありながら機能も充実。

最新コーデックの「 aptX Adaptive 」に対応した数少ないイヤホンで、アンビエントマイク(外音取り込み機能)にも対応。

最新技術をたっぷり詰め込んだ完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

アル

アル

今回はそんなAVIOT TE-D01gvの実際の使用感を詳しくレビューしていきたいと思います!

今回のレビュー商品

AVIOT TE-D01gvの魅力

AVIOT TE-D01gv は1万円以下とは思えない、 機能がとっても充実した完全ワイヤレスイヤホン です。

音質・機能両面から見ても価格以上に価値ある注目の完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

AVIOT TE-D01gv イヤホン本体とケース
ココがポイント!
  • aptX Adaptive に対応の完全ワイヤレスイヤホン
  • アンビエントマイク(外音取り込み機能)搭載
  • 最大11時間再生可能なロングバッテリー
  • 水に浸けても大丈夫!IPX7の防水性能

aptX Adaptive対応イヤホン

AVIOT TE-D01gvのいちばんの魅力は高音質・低遅延に対応した aptX Adaptive に対応 している点。

AVIOT TE-D01gv aptX Adaptive

aptX Adaptiveとは、Bluetoothの接続環境に合わせて 接続の安定性や音質を自動で調整してくれる最新の音声圧縮技術 です。

アル

アル

1万円以下のワイヤレスイヤホンでaptX Adaptiveが採用されるのは、AVIOT TE-D01gvがはじめて。

aptX Adaptiveの機能をフルに発揮できるのはandroid端末のみ。iPhoneの場合コーデックはAACのみの対応。

アンビエントマイク機能搭載

さらにAVIOT TE-D01gvは、 アンビエントマイク(外音取り込み機能)機能 も搭載。

アンビエントマイク機能とは、内蔵マイクにより外の音を取り込む機能のことで、イヤホンをつけたままでも周囲の音がしっかりと聴こえます。

操作も左イヤホンを押すだけで、すぐにアンビエントモードに切り替えることが出来ます。

アル

アル

イヤホンをつけたまま会話することも可能で、いちいちイヤホンを外す手間が省けます。

最大再生可能時間は11時間!

AVIOT TE-D01gvは、音声の 最大再生可能時間もとにかく長い

1万円以下のクラスでは最高クラスの最大で 11時間の連続再生 が可能。

音声マイク内蔵で通話やテレワークなどにも対応。

通話は最大で6.5時間も会話が可能です。

aptX接続の場合は、再生時間は3~4時間程度少なくなります。

水に浸けても大丈夫なイヤホン

防水機能もワイヤレスイヤホンでは 最高クラスのIPX7

水に浸けても大丈夫な防水性能を誇っており、雨に濡れたり、スポーツによる汗などは全く問題ありません。

アル

アル

お風呂で使っても問題ないくらいの防水性能で、様々なシーンで利用可能です!

アル

アル

ここからは、実機を使った詳しいレビュー!!

AVIOT TE-D01TE-D01gv 外観

AVIOT TE-D01gv の外観は、ちいさくかわいい見ためが印象的な完全ワイヤレスイヤホン。

AVIOT TE-D01gv イヤホン本体

イヤホン本体、ケースともに小柄で男女問わず使いやすい大きさです。

AVIOT TE-D01gv 大きさ

カラーバリエーションは、Black、Cardinal Red、Ivory、Pearl Whiteの4種類。

AVIOT TE-D01gv Black
Black
AVIOT TE-D01gv Cardinal-Red
Cardinal Red
AVIOT TE-D01gv Ivory
Ivory
AVIOT TE-D01gv Pearl White
Pearl White

イヤホンのロゴ部分が操作ボタンとなっていて、イヤホンから通話や音楽送りなどの操作が可能。

AVIOT TE-D01gv ボタン

イヤーピースはS/M/L各サイズ1ペアずつが付属。

AVIOT TE-D01gv イヤーピース
ひとつはイヤホン本体に付属。

四角いケースはポケットに入れるのには不便な部分もあるけど、カバンに入れるには邪魔にならないサイズ感。

AVIOT TE-D01gv ケース大きさ

バッテリー残量確認用のLEDランプも搭載し、イヤホン収納時などにバッテリー残量もしっかりと確認できます。

AVIOT TE-D01gv LEDランプ

充電端子はUSB-Cコネクタ。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンでは、まだmicroUSBタイプのものも多いですが、AVIOT TE-D01gvではしっかりとUSB-Cコネクタに対応しています。

AVIOT TE-D01gv USB-C端子

またAVIOT TE-D01gシリーズの専用オプションであるシリコンカバーも利用可能。

全6種類のシリコンカバーが利用でき、衝撃からのイヤホンを保護します。

アル

アル

ちょっとしたイメチェンもできるオシャレなシリコンカバーです。

AVIOT TE-D01TE-D01gv 性能

AVIOT TE-D01gv 付属品
AVIOT TE-D01gv 仕様
装着方式 完全ワイヤレスイヤホン
駆動方式 6mmダイナミック型
搭載SoC Qualcomm社製QCC3040
最大再生時間 11時間
充電時間 最大約1.5時間
対応コーデック SBC、AAC、aptX、aptX Adaptive
防水性能 IPX7
充電端子 USB-C
バッテリー容量 イヤホン 50mAh/ケース 550mAh
付属品 イヤーピースS/M/L、、USB-Cケーブル
その他 アンビエントマイク(外音取り込み機能)搭載

AVIOT TE-D01gv は性能面から見ても 1万円以下のモデルとは思えない高性能モデル です。

防水性能はIPX7と 水に浸けても大丈夫な防水性能

最大再生時間も11時間 と出張などにも使えるロングバッテリー。

アンビエントマイク(外音取り込み機能)も搭載 し、イヤホンを装着したままでも周囲の音を取り込むことが可能となっています。

アル

アル

完全ワイヤレスイヤホンに必要な機能がほとんど入ってる感じです!

AVIOT TE-D01TE-D01gv
実際のつかい心地

AVIOT TE-D01gv を実際に使ってみた印象としては、通勤通学などの普段使いにピッタリな完全ワイヤレスイヤホンだと感じました。

AVIOT TE-D01gvとDAP

AVIOT TE-D01gvの音質

AVIOT TE-D01gv の全体の音質はノイズもほとんどなく 価格以上の高音質 です。

aptX Adaptiveに対応していることもあり、従来のBluetoothよりも低遅延で切れにくくなった印象を受けます。

音の質感としては、低音域よりも中高音域を意識した感じの音。

クリアな音質が印象的で、J-POPやアニソンなどボーカルを中心とした音楽を聴きたいときや、ラウンジ系のしっとりとした楽曲との相性がいいイメージです。

検証用に聴いた音楽一覧

低音域は抑えめに作られているので、ドンシャリ音が好きな人にはすこし物足りないかなと感じます。

音質を重視したいのであれば、同価格帯の AVIOT TE-D01ⅾ や上位モデルの AVIOT TE-BD21f シリーズの方が満足度的に高い印象。

アル

アル

AVIOT TE-D01gvの聴こえ方をひとことで表すなら、誰でも違和感なく聴けるオールラウンダータイプ。

aptX Adaptiveで音ゲーは可能?

AVIOT TE-D01gv に搭載された新技術「 aptX Adaptive

aptX Adaptiveでは、 音を状況に合わせ最適化してくれる機能 を搭載しています。

実際にaptX Adaptiveに対応したスマホ(ASUS ROG Phone Ⅱ)を使い、低遅延の検証も行ってみました。

AVIOT TE-D01gvとデレステ

AVIOT TE-D01gvは、YouTubeなどの動画再生時においては 有線イヤホンとほぼ同じ感覚で使用できるほどの低遅延

AVIOT TE-D01gvとYouTube
動画はゲーム実況者の三人称の動画
アル

アル

動画再生時のタイムラグはほとんどなく、スピーカーや有線イヤホンと同じ感覚で使用可能。

ゲームプレイ時においても違和感を感じるも少なく、 スピーカーと全く変わらない感覚でゲームがプレイ可能 でした。

AVIOT TE-D01gvとゲームの相性
最近ハマってるアプリドールズフロントオンライン
アル

アル

音ゲーを除いての話ですが・・・

aptX Adaptiveの事前情報で「音ゲーもプレイできる!」みたいな情報を仕入れていたのですが、実際にプレイしてみたら違う結果となってしまいました。

音ゲーの代表とも言えるデレステ、ミリシタ、ガルパとをプレイしてみましたがいずれにおいてもタップ音で遅延が発生。

タップ音などを再生しないように設定すれば使えないこともありませんが、 音ゲーでワイヤレスイヤホンはまだ実用的とは言えないレべル でした。

AVIOT TE-D01gvとデレステ2
AVIOT TE-D01gvとデレステ3

タイミング調整の手動での微調整とタップ音を消せば出来ないこともない

アル

アル

いくら低遅延とは言っても音ゲーで使うにはまだまだといった感じ。

実際に使ってみた感想として遅延に関しては音ゲー以外の用途であれば 全く気にならないレベルの低遅延 です。

従来のBluetoothイヤホンより転送速度は格段に向上し有線イヤホンとほぼ変わらないレベル。

また昔のBluetoothイヤホンよりも音が切れにくくなっており、僕が使った環境においては音切れは一切ありませんでした。

アル

アル

音ゲーをプレイしないのであれば、日常使いや通勤通学のオトモとして使い勝手のいい完全ワイヤレスイヤホンです!

機能が豊富!

AVIOT TE-D01gv は、他にも最近スマホでは主流になってきた USB-C端子を搭載している点 も地味にありがたいポイント。

AVIOT TE-D01gv USB-C端子

スマホの最新機種のほとんどがUSB-C端子となってきているので、スマホの充電器などでの充電が可能となっています。

アル

アル

充電ケーブルをいちいち付け替えなくていいのは、便利!!

また、AVIOT TE-D01gvは アンビエントマイク(外音取り込み機能)も搭載 しています。

AVIOT TE-D01gv マイク

アンビエントマイク機能は、イヤホンを装着したままでも周囲の音を取り込める便利機能。

不意に話しかけられても、イヤホンを付けたまま会話できるので普段使いとしても重宝します。

アル

アル

AVIOT TE-D01gvは、1万円以下のモデルでアンビエントマイク機能が搭載された数少ない完全ワイヤレスイヤホンです!

まとめ
機能重視ならAVIOT TE-D01gvがおすすめ!

AVIOT TE-D01gvに関するレビューは以上になります。

結論としてAVIOT TE-D01gvは、アンダー1万円クラスの完全ワイヤレスイヤホンの中で、機能を重視するなら間違いなく買いの完全ワイヤレスイヤホンです。

AVIOT TE-D01gv イヤホン本体とケース

TOTAL

8

7

音質

10

再生時間

10

搭載機能

8

コスパ

AVIOT TE-D01gv は音質面では全体的にフラットな音質で、低音が少し物足りないと感じる部分もありますが、1万円以下のモデルとしては全体的にしっかりとした音質。

AVIOTの TE-D01d などの音質には劣りますが、それをおぎなう 充実した機能が魅力の完全ワイヤレスイヤホン です。

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンの中でも基本性能が高く、 aptX Adaptiveに対応 している点やロングバッテリー、IPX7クラスの防水性能は他のモデルよりも高性能といえます。

Bluetoothの弱点でもある低遅延や接続の安定性が大幅に改善されており、 アンビエントマイクUSB-Cにも対応 した充実した機能となっています。

普段使いの完全ワイヤレスイヤホンとしてはまさにピッタリのモデルで、通勤通学やランニングのオトモには最高の1台といえるのではないでしょうか。

アル

アル

aptX Adaptiveに対応しているので、androidスマホを使っている人に特におすすめしたい完全ワイヤレスイヤホンです!!

AVIOT TE-D01gvを購入する

アル

アル

ガジェットブロガーの「アル」です。
ASUSのスマホをメインにイヤホンやスマートホーム家電を実際に触ってレビューしていきます。
ちょっと便利なグッズの紹介なんかもやってます。


読むとちょっと便利になれるブログです♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA