【音へのこだわりがすごい!】AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-BD21f-pnk レビュー【凛として時雨 ピエール中野監修モデル】

AVIOT TE-BD21f-pnk レビュー

ドォーモ!イヤホン大好きブロガーのアル(@Alfagoodone)です!

日本発のイヤホンブランドのAVIOTから世界初の技術を搭載した完全フルワイヤレスイヤホンが発売となりました。

今回発売されたイヤホンは TE-BD21f-pnk という商品で、完全ワイヤレスイヤホンでは初のハイブリット・トリプルドライバーを搭載しています。

開発には凛として時雨のドラマーである「ピエール中野」さんも参加していて、完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンに仕上がっています。

今回のレビュー商品
TE-BD21f-pnk外観
アル

様々なこだわりが詰まった聴いてて楽しくなれる完全ワイヤレスイヤホンです!

TE-BD21f-pnkはコラボ限定モデル

TE-BD21f-pnk外観

AVIOTから新たに発売されたは TE-BD21f-pnk は凛として時雨のドラマーである、ピエール中野さんが監修した特別モデルのです。

それに加え音声ガイドには、人気声優の花澤香菜さんのシステムボイスを搭載

TE-BD21f-pnkと覚えにくい名前をしていますが、ファンの間では通称「 ピヤホン 」と呼ばれているイヤホンになります。

アル

ピエール中野さんはイヤホンマニアとしても有名な方なので、音へのこだわりがすごいイヤホンです!!

TE-BD21f-pnkは性能がすごい!

TE-BD2f-pnk はコラボの豪華さだけが、魅力ではありません。

性能に対するこだわりもたくさん詰まっています。

TE-BD21f-pnk 仕様

TE-BD21f-pnk外箱
TE-BD21f-pnk 仕様
装着方式完全ワイヤレスイヤホン
駆動方式ダイナミック型及びバランスドアマチュア型ドライバーによる複合型
搭載SoCQualcomm社製QCC3020
最大再生時間7時間
充電時間最大約2時間
対応コーデックSBC、AAC、aptX
防水性能IPX5
充電端子USB-C
付属品イヤーピース、専用ケース、イヤホンストラップ、クリーニングクロス

臨場感がすごい!

ベースとなっている TE-BD21f のイヤホン内部には、完全ワイヤレスイヤホンでは世界初のハイブリット・トリプルドライバーを搭載

TE-BD21f-pnk ではTE-BD21fからさらに特別なサウンドチューニングが施されています

ピエール中野さんの監修により、

  • クリアな聴きやすい高音域
  • リアルで臨場感のあるボーカルと中音域
  • バンド感を与える豊かな低音域

を実現。


ただ、低音域を強調させるだけのイヤホンではなく、楽曲全体を楽しめるイヤホンとなっています。

アル

プロのミュージシャンが監修してるだけあって、聴いているとバンド感を感じられるイヤホンです!

世界初のハイブリット・トリプルドライバー

TE-BD21f-pnk にはなんと、3つもドライバーが搭載されています。

アル

ドライバーとはかんたんに言えば 音を奏でるための機械のこと で、BD21f-pnkにはそのドライバーが3つも搭載されています。

TE-BD21f-pnkのドライバーには、 ダイナミック型が1基バランスドアマチュア型が2基 搭載。

これにより、これまでワイヤレスイヤホンでは表現できなかった音を表現することが可能になり


今までにない高音質を完全ワイヤレスイヤホンでも楽しめるようになりました

どこでも使える高性能イヤホン

TE-BD21f-pnkのSoCには、Qualcomm社製QCC3020を搭載。

高性能なSoCにより、 長時間の再生時間電波が途切れにくい ワイヤレスイヤホンとなっています。

TE-BD21f-pnkの最大再生時間は7時間

長時間の再生が可能となっているので、通勤や通学のイヤホンとしても活躍します。


防水性能もしっかり備わっており、IPX5相当 と日常生活における防水性能としては十分。

IPX5は、 水しぶきにも耐えれる性能 を持っています。

ただし、水につけてしまうと故障の原因になるので注意です。

アル

ピヤホンはお風呂の中でも使っても大丈夫です。

aptXに対応

Bluetoothの対応コーデックは、 SBC/AAC/aptX の3種類に対応。

低価格帯の完全ワイヤレスイヤホンにはaptXに対応していない商品も多いですが、 TE-BD21f-pnk ではちゃんとaptXも使用できます。


aptXは対応したスマホやプレーヤーなどで音楽を再生すれば、 SBCやAACよりもさらに高音質な音を楽しめます


ちなみにandroidスマホは、最近の端末のほとんどがaptXに対応しています。

残念ながらiPhoneなどのApple端末の場合はaptXには対応していないので注意が必要です。

アル

ピヤホンはandroidユーザーには特におすすめのイヤホンです!!

再生時間について

最大7時間の連続再生はSBCによる再生の期待値です。

apt-XやAACの場合だと連続再生時間は3~5時間程度になります。

aptX対応プレーヤー

BD21f-pnk 外観

TE-BD21f-pnkの実物
アル

TE-BD21f-pnkは性能もすごいですが、実は外観もオシャレ。

ベースはTE-BD21fですがTE-BD21f-pnkは さらにカッコイイ限定感のあるデザイン となっています。

外観にもこだわりが

TE-BD21f-pnkの外観は、TE-BD21fと大きさはなどは同じですが、ロゴなどは特別なデザインとなっています。

外観を見ていくと、ワイヤレスイヤホンを収納する バッテリーケースには凛として時雨のコラボの限定ロゴ 入り。

ピエール中野 アイコン


ワイヤレスイヤホン本体には AVIOTのロゴとピエール中野さんのオリジナルアイコン

左右別々のデザインとなっているので、イヤホンの左右も分かりやすい仕様となっています。

TE-BD21f-pnkイヤホン本体

ケース本体は 手の中に収まるコンパクトサイズ

TE-BD21f-pnkと手

ワイヤレスイヤホンの 収納ケースはマグネットタイプ となっているので、ケースにスッとイヤホンを収納出来ます。

TE-BD21f-pnk マグネット部
アル

ブラックをベースにゴールドがアクセントとなっていて、見た目もすごくカッコイイ!!

付属品にも限定感あり

付属品はイヤホン同士をつなぐ イヤホンストラップ

完全ワイヤレスイヤホンを落としてしまうような場面で活躍するストラップです。

TE-BD21f-pnkイヤホンシリコンストラップ
アル

満員電車やランニングなど、イヤホンを落としたくないようなシーンで活躍しそう!

またコレクターには嬉しい、 ワイヤレスイヤホンケース用の専用ケースが付属

TE-BD21f-pnk専用ケース

本来この専用ケースは同封する予定が無かったものらしいですが、限定モデルということもあり同封されることに。

アル

ケースの中にケースという面白い構造になりますが、ケースを傷付けたくない人には嬉しい付属品です!

写真にはありませんがこれと別に、イヤーピースのサイズ違いのS/M/Lの3種類が付属。

TE-BD21f-pnkの付属品

また、これとは別にSpinFitとの共同開発のCP355イヤーピースが、SS/S/Mの3種類も付属します。

アル

イヤーピースを変えるだけでも、聴こえる音はかなり変化します。

BD21f-pnkの音質と実際の聴きごこち

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンたち

ここからは、僕が実際にTE-BD21f-pnkを聴いてみた感想をご紹介。

アル

同じAVIOTのTE-D01dTE-BD21fなどとも聞き比べをして、感じたことを素直にお伝えしていきます。

TE-BD21f-pnkはサウンドバランスが最高

TE-BD21f-pnkとAmazon Music

率直な感想としては、低音域の広がりを意識しつつも、ボーカルもしっかり聴けるバランスの最高なモデルだと感じました。

ココがポイント!
  • 低音域は今までのイヤホンより重厚感アップ
  • ドンシャリ音ではなく、ボーカルもしっかり聴ける
  • バンドが演奏している感を味わえる

特にベースやドラムの音はこれまでのモデルよりも断然聴きやすく、バンドの演奏する楽曲との相性がとてもいいです。

低音域だけを強調するイヤホンなんかもたまにあったりもしますが、TE-BD21f-pnkに関してはボーカルもしっかり聴きとれます。

アル

音のバランスが絶妙すぎて、初めて聴いたときは感動しました!

TE-D01dとの違い

僕は以前からAVIOTの完全ワイヤレスイヤホンのファンで、前モデルの TE-D01d も使用しています。

TE-D01d本体

TE-D01dも高音質な音が魅力のイヤホンですが、TE-BD21f-pnkと聞き比べをしてみると低音域の力強さが全くの別物です。

ドラムやベースの音はTE-BD21f-pnkの方が明らかに臨場感と迫力 があります。

ボーカルに関してもTE-BD21f-pnkの方が聴きやすく感じました。


だからといってTE-D01dの方が悪いというわけではなく、音楽によってはTE-D01dの方が聴きやすいといった場合もあります。

僕の個人的な感想としては、ゆっくりとしたリラックス系の音楽はTE-D01dの方が聴きやすいかなといった印象を受けました。

アル

僕の場合だとTE-BD21f-pnkではバンド系の楽曲。
TE-D01dではグルーヴ系の音楽を聴いたりしています。

ちなみにバッテリーに関しても違いもあり、TE-D01dの方は 再生時間が9時間 と少し長め。

ケースには1,900mAhのバッテリーが搭載されているので、緊急時にはモバイルバッテリーにもなるといった魅力も。

正直、TE-D01dにも魅力があってどちらを選ぶか悩みどころですが、 音楽の好みや稼働時間の違いなどで選ぶ のが一番かなと思います。

BD21fとの違い

TE-BD21f-pnk は、同時に発売されたTE-BD21fのカスタマイズモデルとなります。

TE-BD21f

見た目もBD21fと違い、TE-BD21f-pnkにはピエール中野さんのオリジナルアイコンがあしらわれています。

TE-BD21fのカラーバリエーション

音の違いとしては、 TE-BD21fの方が低音域に関しては強めの印象 を僕は受けました。

その分 ボーカルの聴きやすさや、全体的なバランス感としては劣る印象

アル

正直、聞き比べをしないと違いを感じるというのは難しいというのが正直な感想です。

TE-BD21fでも低音域の力強さや高音域の広がりは十分楽しめます。

なので、どうしても早く完全ワイヤレスイヤホンが欲しいという方には、TE-BD21fという選択もありです。

ただし、全体的な仕上がりとしては断然TE-BD21f-pnkの方が上なので、音楽好きにはTE-BD21f-pnkの方がおすすめ です。

BD21f-pnkを手に入れる方法

TE-BD21f-pnkの実物

現在、 TE-BD21f-pnk は人気商品となっていて、品切れ状態が続いています。(2019年8月現在)

ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店でも予約は可能ですが、確実にゲットしたい人は 公式サイトからの購入をおすすめ します。

公式サイトでは予約数に上限を設けていないので、こちらの方が確実に手に入れることが可能です。

予約確認メールの注意点
予約フォームに入力しても確認メールは後日になります。
AVIOTから順次確認メールが届くので、焦らず待ちましょう。

まとめ BD21f-pnkはこだわりがすごすぎる完全ワイヤレスイヤホン

TE-BD21f-pnkとスマホ

ピヤホンこと、TE-BD21f-pnkは発売開始初日から品切れ状態になる超人気商品です。

その人気っぷりも納得の音質で完全ワイヤレスイヤホンの中でもトップクラスの音質。

AVIOTさんとピエール中野さんのこだわりがたくさん詰まっています。

TE-BD21f-pnkの僕の特に好きなポイントは、

ココがポイント!
  • これまでにない低音域の重厚感
  • バンド感を感じられるバランスの良い音
  • オシャレで可愛らしいデザイン

僕自身、毎日のように音楽を聴いているので、バンド感を感じられる音というのはかなり魅力的でした。

aptXにも対応しているので、androidユーザーは通常よりもさらに高音質な音を楽しめます。

アル

TE-BD21f-pnkはこれまでにない臨場感を楽しめるイヤホンで、音楽好きにおすすめの完全ワイヤレスイヤホンです!!

TE-BD21f-pnkを予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA