ZenFone5Z (ZS620KL) 購入レビュー!コストパフォーマンス最高。

ドォーモ!ASUSファンのアル(@Alfagoodone)です!

いよいよ発売となったZenFone 5z。早くも公式ショップの方では品切れ状態のZenFone 5z。僕自身もようやく手に入れることができたので、今回もさっくりとZenFone 5zのレビューを行っていきたいと思います。アプリごとの動作についてはまた別記事で紹介予定なので、今回はサラッとご紹介していきますw

ZenFone 5シリーズの最上位モデル

ZenFone 5では現時点で3つのモデルが発売されています。

5zが最上位で5Qが性能的には一番下のモデルとなっています。その中でも今回、僕が購入した商品は最上位モデルのZenFone 5z(ZS620KL)というモデルになります。

  • OS:Android 8.0 Oreo
  • SoC:Qualcomm Snapdragon 845(2.80GHz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • ディスプレイ: 6.2型ワイド Super IPS+液晶(オールスクリーンディスプレイ)
  • バッテリー容量:3300mAh
  • 重量:165g

SoCにはSnapdragon 845を搭載しており現時点では最上位SoC(CPU)となっています。メモリが6GB、ストレージも128GBと十分に余裕のあるスペック。バッテリー容量は3300mAhと普通ですが、バッテリー持ちは予想以上に良いです。

外観

僕は、ZenFoneシリーズを買う際は、ブラックを購入する場合が多いのですが、今回はスペースシルバーという色を購入してみました!理由としては、スペースシルバーはZenFone 5からの新色ということもあり、今までとは違った感じのZenFoneを購入してみたかったというのが理由です。

前回のZenFone 4と比べるとあまり変わった印象は受けにくいですが、本体の輝き具合など少しグレードアップした印象です。ZenFone 5ではオールスクリーンディスプレイが採用された関係で、指紋認証のボタンが背面に変更されています。

ディスプレイ

ディスプレイはZenFone 5からオールスクリーンディスプレイにモデルチェンジ。画面サイズは6.2インチとなり、ZenFone 4の5.5インチよりも一回り大きくなりました。

画面サイズは大きくなったものの、個人的には、通常のディスプレイの方が使いやすくて好きでしたw液晶内にメニューバーがあるのは少し抵抗がある感じです。僕自身はこれが初めてのオールスクリーンディスプレイ機種なので、これに関しては使いながら少しずつ慣れていこうかと思っています。


ZenFone 4と比べると、こんな感じ。

ZenFone 5zは中身がすごい!

外見も大事ですが、ZenFone 5zは中身がスゴイです。話すよりも数値を確認してもらうのが一番わかりやすいので、実際に計測をしてその数値を見ていきたいと思います。

今回、ベンチマークに使用するのはベンチマークでは定番の「AnTuTu Benchmark」で計測を行います。比較の対象として現在僕が所持しているZenFone 4(ZE554KL)と一緒にスコアを計測していきます。

数値は高ければ高いほど高性能ということになりますが、僕のZenFone 5zでは270,000点に近い269,988点を記録することが出来ました!!左のZenFone 4の数値と比べると2倍近いスコア差が開いています。

スコアを見ても分からないという方もいるかもしれませんが、このスコアはSONYの最新機種Xperia XZ2よりもスコアが上であり、現時点ではandroid端末としては最高スコアと言っても間違いないでしょう。

参考 実機AnTuTuベンチマークスコアまとめガルマックス

実際の操作感としては、ZenFone 4でも十分快適に使えていましたが、ZenFone 5zに変更してからサクサク感が一段と増した感じです。長時間の使用でもSoCが高性能になった分、負荷をかけても発熱は低めでした。3D描写も優秀でベンチマークの3Dテストでも違和感を感じる場面もほとんどありませんでした。

価格面から見ても、ZenFone 5zはこの高性能で価格は7万円ちょいというのも正直驚きです。このスペックなら10万してもいいんじゃないかと思うくらいです。

ゲームも一通りプレイしたけど、快適すぎる

実は僕は、ZenFone 5zはゲーム用端末として購入しました。なので、一番大事な要素は「ゲームをどれだけ快適に遊べるか」にあります。

ZenFone 4の時もゲーム自体は快適に遊べていましたが、さらなる快適さを求めて今回はZenFone 5zの購入に踏みきった形になります。前回のZenFone 4の動作レビューについても別記事で紹介していますので、気になる方はそちらも参考に

 

 

レビュー記事を書くにあたり、今プレイしているアプリは一通りプレイしてみましたがどれもすこぶる快適でした!

「デレステ」や「ガルパ」を主にプレイしていますが、デレステに関しては3Dリッチモードでもストレスを全く感じることなくガルパはカットインが重なってもカクつかない。ストレスを感じる場面はほとんど見受けられませんでした。

デレステに関する詳しい内容はこちらに記載しています。

ZenFone5Zの性能をデレステで検証

 

PUBGも最近初めてみたのですが、ZenFone 5zであれば、最高画質でプレイすることが可能でした!

発熱の心配もしていたのですが、今回のSnapdragon 845は発熱に関してはあまり心配はなさそうです。少なくともZenFone 5zでは、複数のアプリを起動し1時間ほどプレイしてみても少し温かい程度気にするほど発熱はありませんでした。アプリの環境設定もすべて高負荷設定のままで大丈夫でした。

その他の機能も十分

 

その他の機能においても充実していて、メモリはZenFone 4と変わらずの安心の6GBです。マルチタスクに強いので複数のアプリを起動してもメモリ不足の心配をあまりする必要がありません。ストレージも内蔵128GBあるので、よほどのことがない限りいっぱいになることはなさそう。

バッテリーに関しても3300mAhと決して大容量とは言えませんが、数値以上に減りが遅い印象を受けました。しかもバッテリーが少なくなっても、約1時間程度でフルに充電できるクイックチャージにも対応しているので、長時間の使用にも十分応えてくれます。

 

コストパフォーマンスはZenFoneシリーズで最高

これだけの高性能でサクサク使えるスマホが7万円台で購入できるというのは、ZenFone史上最もコストパフォーマンスに優れている機種ではないでしょうか。これまでのZenFoneシリーズは計5台ほど購入してきていますが、僕の中ではダントツでナンバーワンな仕上がりです!

購入するときはZenFone 5とZenFone 5zのどちらを購入するか悩んだ感じですが、ちょっと無理してZenFone 5zを購入して正解でした!

さいごに

ZenFone 5と5zとお悩みの方は

購入検討中の方で、ZenFone 5と5zのどっちを買おうか悩んでいるなら、僕個人としては、ZenFone 5zの方がオススメです!理由としては、価格差以上の価値がZenFone 5zにはあるからです。

ZenFone 5の価格は定価57,024円なのに対し、ZenFone 5zは75,384円となっています。その差は約18,000円ですが性能に関しては大きく違います

 ZenFone 5(ZE620KL)ZenFone 5Z(ZS620KL)
ZenFone 4(ZE554KL)
SoCQualcomm Snapdragon 636Qualcomm Snapdragon 845Qualcomm Snapdragon 660
バッテリー容量3300mAh3300mAh3300mAh
メモリ
ストレージ
【メモリ6GB ストレージ64GB】
【メモリ6GB ストレージ128GB【メモリ6GB ストレージ64GB】
カメラ画素数 メイン:1,200万画素

サブ:800万画素広角カメラ
メイン:1,200万画素

サブ:800万画素広角カメラ
メイン:1,200万画素

サブ:800万画素広角カメラ

SoC(CPU)とストレージ以外は性能はほぼ変わらないものの、このSoCとストレージの違いがかなり大きいです。ZenFone 5の性能は正直ZenFone 4の性能とさほどかわりません。むしろZenFone 4の方がSoCだけで見れば、性能は少し上です。

このSoCが違うだけで出来ることが、かなり変わってきますので、余裕のある方や長期で使おうと思ってる人はZenFon 5zを選んでおいた方が間違いないかと思います。

TRY NOW

 

節約したいと考えてるなら、中古もチェック!!

TRY NOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA