Amazonアソシエイトのペナルティ【守るべき4つの規約】

amazonアソシエイト規約 説明

ブログを運営する上で大事な収入源であるAmazonアソシエイト。

今回はその大事なAmazonアソシエイトでペナルティを受けないためにも知っておきたい4つの規約についてご紹介していきます。

アル
忘れがちな規約も紹介しているので、不安な方はぜひ読んでくれると嬉しいです!

Amazonアソシエイトで守るべき4つの規約

Amazonアソシエイトからペナルティを受けないために、必ず守っておきたい規約は4つあります。

 

Amazonアソシエイトで守るべき4つの規約

  • Amazonアソシエイトを利用していることを明記すること
  • 自分のサイトリンクを踏んで買い物をしないこと
  • URLを登録していないサイトでAmazonアソシエイトを利用すること
  • Amazonで承認されていないURLでAmazonアソシエイトを利用すること

 

最低でもこの4つを守っていかないと規約に違反した場合、最悪のケースだと凍結されてしまうことも。

他にもこと細かな規約もありますが、常に意識しておきたい規約はこの4つになります。

では、守るべきの規約について、もう少し詳しく説明していきます。

Amazonアソシエイトの規約を理解する

 

4つの規約はしっかり理解していないと、知らぬ間に規約を破っていたり、知らなかったでは済まされないケースもあります。

Amazonアソシエイトはブログを運営していくうえで、大事な収入源なので規約の内容はしっかりと理解しておくようにしましょう。

Amazonアソシエイトを利用していることの明記

まずは基本である

 

Amazonアソシエイトを利用していることをブログに明記

 

すること。

 

例文としては、

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

アル
こんな感じにうちではAmazonアソシエイトを使ってますよ~と記載してればOKです。

明記する場所はプライバシーポリシーの中に記載していればOKです。

ブログの中の固定ページ部分に明記しておくようにしておきましょう。

 

Amazonアソシエイトほど規約にはうるさくないですが、ASPに関しても実は明記する必要があるので、使用しているASP名もプライバシーポリシーに記載しておくと安心です。

メジャーどころで言えばA8、バリューコマース、アクセストレードなど、名前だけでも明記しておくようにしておきましょう。

 

アル
ちなみに僕のアルフォレでもプライバシーポリシーにちゃんと掲載しています

 

プライバシーポリシー

Amazonのリンクを自分で踏んで買い物しない

 

次にAmazonのリンクを自分で踏んで買い物しないこと

 

Amazonアソシエイトの場合は、自己購入が禁止されています。

自分がAmazonで買い物するからといって、自分のブログに掲載しているリンクを踏んでの買い物はペナルティの対象になります。

 

間違って1回クリックした程度ではペナルティを受ける可能性は少ないですが、故意に行うとペナルティを受ける可能性が非常に高いです。

審査通りたての時など、売り上げ欲しさにやってしまいがちですが、自己購入だけは絶対に行わないようにしておきましょう。

 

注意

スマホからの自己クリックも基本的にはアウトです。

Amazonの会員情報から自己クリックの判断は出来るので、端末を変えたから大丈夫ということではありません。

URLを登録していなサイトでAmazonアソシエイトを利用しない

3つ目はAmazonアソシエイトをサイトで使用する際には、

 

AmazonアソシエイトへのURL登録が必要

 

なことです。

 

登録の方法は

  1. Amazonアソシエイトにログイン
  2. 右上上部のアカウント管理をクリック
  3. アカウント情報のWebサイト情報の確認をクリック
  4. 登録ウェブサイトURLに登録したいURLを入力

 

新しいブログを立ち上げた場合やURLを変更した場合には、必ずURLを再登録する必要があります。

Googleアドセンスのように別ブログでも使用できるわけではないので、

登録していないサイトでAmazonアソシエイトを使わないように注意

が必要です。

 

また、URLは登録だけでは不十分という点はAmazonアソシエイトを使用する上で特に注意しておきたいポイントです。

Amazonアソシエイトで承認されていないURLでの使用

 

アル
ここ一番見落としやすいポイントなので特に注意しておいてください

 

Amazonアソシエイトでは

 

承認されていないURLでのAmazonアソシエイトの使用は禁止

 

されています。

 

ややこしい言い回しですが、要は先ほど説明したURLの登録だけではAmazonアソシエイトの利用は許可されていないということです。

 

Amazonアソシエイトを利用する際に最初に申請を行ったと思いますが、あれと同じことを新しく使うURLでも申請しないといけません。

新しいブログやサイトでAmazonアソシエイトを利用する場合はURLの登録とURLの申請を同時に行うようにしておきましょう。

 

Amazonアソシエイトの申請方法

  • Amazonアソシエイトにログイン
  • ヘルプのお問い合わせをクリック
  • フォームに必要事項を入力
  • 件名は「アカウントの情報変更、登録URLの変更など」を選択
  • 新規で登録したいURLをコメント欄に記入し申請希望と入力
  • 審査が通り次第、Amazonアソシエイトの利用を開始する

 

審査の関しては最初ほど審査は厳しくなさそうなので、普段からAmazonアソシエイトを利用していれば数日で許可が出ると思います。

間違っても登録よりも先にAmazonアソシエイトを利用しないように注意しておきましょう。

アル
登録だけして承認を忘れ、凍結されかけたという話はよくある話です・・・

Amazonアソシエイトの収益報告をされる方へ

ブログの運営報告をする方の中には、Amazonアソシエイトの収益報告もする場合があるかと思います。

収益報告をされる方は、Amazonアソシエイト収益のスクリーンショットが禁止されていることにも注意しておいてください。

数字として記載する分には問題ありませんが、紹介料の推移などのスクリーンショットの記載はペナルティを受ける可能性が非常に高いです。

ペナルティを受けていない方もいるかもしれませんが、忠告が来ないとも限りませんので出来る限り載せないようにしておきましょう。

まとめ 4つの規約は必ず守ろう

Amazonアソシエイトを利用する際には今回ご紹介した4つの規約は必ず守るようにしていきましょう。

 

Amazonアソシエイトで守るべき4つの規約

  • Amazonアソシエイトを利用していることを明記すること
  • 自分のサイトリンクを踏んで買い物をしないこと
  • URLを登録していないサイトでAmazonアソシエイトを利用すること
  • Amazonで承認されていないURLでAmazonアソシエイトを利用すること

 

特に忘れがちになってしまう、URLの登録とURLの承認は必ずセットで行うこと。

アル
ホントわすれがちなので忘れないようにしてね

Amazonアソシエイトはブログを運営する上でとても大事な収入源です。

ブログ生活を続けていくなら、Amazonアソシエイトは必要不可欠といっても過言ではありません。

規約を守り、正しい使い方を心掛けていくようにしていきましょう(*´ω`*)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA