ConoHa WINGに移行する際の注意点【サーバー移行の手順も紹介】

国内最速を謳うConoHa WING。

ConoHa WINGが速いだけではなく、かんたんでお手頃な価格という3拍子揃った夢のようなサーバー。

しかし、まだ登場したてConoHa WINGで導入の仕方で戸惑っている方も少なくありません。

そこで今回は、ConoHa WINGに移行する際の注意点とサーバー移行の手順を紹介していきます。

ConoHa WINGに移行する前に知っておきたいこと

まずはConoHa WINGに移行する前に準備を行っていきましょう。

サーバーの移行のためにしっかり前準備を行っておくことで、未然にトラブルを防ぐことが出来ます。

アル
僕は準備を怠ったせいで、サーバー移行に4日以上費やしてしまいました・・・

ConoHa WINGに移行する前の準備

まずサーバー移行を行う前に行っておきたい準備がいくつかあります。

 

サーバー移行前に必要なこと

  • セキュリティプラグインの一時無効化
  • WordPressからのログアウト
  • ワードプレスのバックアップ

 

WordPress プラグイン

ConoHa WINGに移行する前にまずは「SiteGuard WP Plugin」などのセキュリティプラグインは一時的に無効化しておきましょう。

セキュリティプラグインが有効なままだと、ConoHa WINGの魅力である「WordPressかんたん移行」が正常に動作しなくなる場合があります。

WordPress ログアウト

次に、WordPressからログアウトしておくこと。

WordPressにログインした状態だと、WordPressかんたん移行の際にうまく自サイトにうまくログイン出来なくなります。

 

そして、もしものためにバックアップを行うこと

FTPソフトやUpdraftPlusを使ってバックアップをとっておくようにしておきましょう。

サーバー移行の場合、WordPressのデータがすべてなくなる可能性は低いですが、移行時のトラブルも考えられます。

サーバーとは無関係の場所(クラウドやPCのハードディスクなど)に保存しておくことが望ましいです。

ConoHa WINGの移行の大まかな流れ

ConoHa WINGへの移行手順は以下の通り

  1. ConoHa WINGのサーバー開設
  2. ドメイン作成
  3. WordPress移行
  4. DNSの設定
  5. SSL化
アル
ConoHa WINGであれば、面倒なサーバー移行は5つの工程で完了します

ただし、方法や順序を間違ってしまうとサーバー移行がとてもややこしくなってしまいます。

なので、サーバー移行の順序はしっかりと把握しておくようにしておきましょう。

参考 ConoHa WINGお乗換えガイドConoHa

ConoHa WINGの移行する際の注意

ConoHa WINGに移行する際の注意しておきたいポイントは4つ

  • WordPress移行作業時は完了するまで待つ
  • DNS設定後は焦らず浸透するのを待つ
  • ドメイン引継ぎの際は一時的にSSLが解除される
  • SSL化はDNS設定が完了してから

 

アル
移行する際は焦らず、ていねいに行うのがポイント

 

移行手順を説明していく際にも詳しくお話しますが、移行する際はひとつの工程を確実に終わらせてから、次の行動に移ることが大事です。

 

またドメインを今のブログから引き継いで使用する場合には、一時的にブログのSSLが無効化されます。

一時的(数時間~1日程度)にブログが表示されない、もしくは保護されていない状態になるのでPVの一時的な低下は避けられません。

 

SSL化はDNSの設定が完了するまでは有効化出来ないため、最低でも数時間はブログの編集が不可能になります。

なるべくPVや収益に影響を出したくない方は、訪問が少ない時間を選んで移行することをオススメします。

ConoHa WING移行の手順

ここからは本題のConoHa WINGへの移行手順について説明していきます。

ConoHa WINGに移行していく際は、きちんとした手順で行うことが大事になってきますので焦らず慎重に行っていきましょう。

ConoHa WINGへの申し込み

ConoHaWING プラン

ConoHa WINGのプランはリザーブドプランを合わせて全部で6種類。

 

ConoHa WINGプラン

  • ベーシックプラン     1,200円
  • スタンダードプラン    2,400円
  • プレミアムプラン     4,800円
  • リザーブド1GBプラン  1,500円
  • リザーブド2GBプラン  3,000円
  • リザーブド4GBプラン  6,000円

 

 

プランはどれを選べばいい??

 

と疑問に思っている方も少なくないはず。

 

プランに関しては基本的にベーシックプランで十分かと思います。

プランの変更はかんたんに行えるので、物足りないと感じた時に変更していくかたちで十分対応できます。

 

リザーブドプランは共有サーバーではなく、個別サーバーとしての契約となるため通常のプランより割高になります。

負荷のかかる場面が多いサイト(トレンドブログなどの突然のPV上昇によるダウンなど)をできる限り避けたい方におすすめのプランです。

 

WordPressかんたん移行機能付き

1時間2円より使用可能

ConoHa WINGのサーバー開設

申し込みが終われば、そのままサーバー開設作業に移ります。

ConoHaWING サーバー開設

ここではプランを選択し、初期ドメイン名とサーバー名を決めていきます。

 

ここで登録する初期ドメインはあまり使う機会も少ないと思うので、自分の好きなもので大丈夫です。

サーバー名は、自分で分かりやすいものであれば問題ありません。

ドメイン作成

次はメインで使用するドメインの作成になります。

ConoHaWING ドメイン作成

ここではメインに使用するドメインを入力していくので、今ブログで使用しているドメインをそのまま入力していきます。

ドメインを変更する予定の方は、新しく登録したいドメインをこちらで入力していきます。

アル
僕のブログの場合だと、「goodoneas.com」の部分がドメイン名になります。

 

作成が終了すると、画像のようにドメインが追加されるので確認できたら次の工程に移ります。

ConoHaWING ドメイン切替

ドメインを作成したら、[サイト管理]から[切り替え]をクリック。

先ほど追加したドメインを選択すれば、ドメインの準備は完了です。

 

WordPressかんたん移行を使ってお引越し

ここからは大事な工程でもある「WordPressの移行作業」に入っていきます。

ここを間違ってしまうと、移行に手間取ったりサーバーをリセットしたりと手間が増えていくので慎重に行っていきましょう。

ConoHaWING WordPressかんたん移行

 

[サイト管理][サイト設定][アプリケーション]の順にクリックしていき、WordPressの移行画面を開きます。

 

WordPressかんたん移行に必要な情報を入力

  • 移行元URLには引っ越し前のURLを入力
  • サイトURLのwww.の有無
  • サイト名(移行するブログ名)
  • メールアドレス(WordPressで使っているもの)
  • 移行先ユーザー名(移行するブログのログインユーザー名)
  • 移行先パスワード(WordPressのログインパスワード)
  • データベース名(分かりやすいものでOK)
  • データベースユーザー名(分かりやすいものでOK)
  • パスワード(解読されにくいものを使用すること)

 

必要項目をすべて記入し、[保存]をクリックするとWordPressかんたん移行が開始されます。

かんたん移行が開始されない場合は、WordPressのログイン状況やセキュリティプラグインがの無効化されているか、もう一度確認しておくようにしておきましょう。

WordPressかんたん移行 構築中

成功すればステータスの部分に構築中と表示されるので、移行が完了するまでしばらく待ちます。

構築の完了には、30分~12時間と完了にはブログの構成によって差があります。

構築中は何もせず他のことで時間を潰しながら待ちましょう。

 

構築中にネームサーバーの設定を行ってしまうと、かんたん移行が正常に動作しないケースも確認されています。

 

アル
僕は途中でネームサーバーを行ったせいで、WordPress移行だけで2日間を消費してしまいました

 

焦らず、じっくり待つのがオススメです(*´ω`*)

WordPressかんたん移行 完了

注意

ロリポップサーバーからConoHaに移行される予定の方は注意が必要。

ロリポップサーバーからではかんたん移行が正常に動作しない場合あり。

ロリポップサーバーの方は、通常の移行作業も検討しておくようにしておきましょう。

 

DNSの設定

WordPressの移行作用が終わったら、次はネームサーバーの移行作業になります。

DNSの設定はお名前ドットコムを例にして説明を行っていきます。

 

まずConoHa WINGで独自ドメインを利用するためには、ドメインネーム管理サイトからネームサーバーを変更する必要があります。

ConoHa WINGのネームサーバー情報は以下の通り

 

ConoHa WINGのネームサーバー情報

  • ns-a1.conoha.io
  • ns-a2.conoha.io
  • ns-a3.conoha.io

 

この3つのコードをドメイン管理サーバーに入力していきます。

 

お名前ドットコムにログインし、サイト上部の[ドメイン設定]をクリック

お名前ドットコム ネームサーバー変更

[ネームサーバーの変更]をクリックし、[他のネームサーバーを利用]を選択します。

お名前ドットコム ネームサーバー入力

先ほどのConoHa WINGのネームサーバー情報をプライマリーネームサーバーから順番にひとつずつ入力します。

3つとも入力が終わったら、確認画面へと進み設定を完了します。

 

これが完了するといよいよサーバーの移行作業となるので、ブログの表示が不安定になってきます。

DNSの浸透には24時間~72時間程度かかると言われているので、浸透するまではブログが表示されないなど、少なからずPVに影響を与えます。

アル
うまくいけば、半日程度でも操作が可能になります

ConoHa WINGのSSL化

ConoHa WINGのは無料独自SSLがあるので、DNSが浸透したらすぐにSSL化を行うようにしておきましょう。

移行前にすでにSSL化されていた方は、DNS浸透後もSSL化まで完了しないとブログがうまく表示されません。

ConoHaWING SSL化

SSL化の設定は[サイト管理][サイトセキュリティ][無料独自SSL]から設定が可能です。

 

ネームサーバーがConoHa WINGに変更されていれば、SSL化出来るようになっています。

DNSの浸透具合によっては変更できない場合があるので、変更できない場合はしばらく待ってから再度設定を行ってください。

ホーム画面しか表示できない場合

SSL化が完了した際、ブログがホーム画面しか表示されない場合があります。(記事を表示しようとするとサーバーエラーになる)

この現象が起きた場合は、WordPress内の[設定]から[パーマリンク設定]に行き、何も変更せずに変更を保存すると改善されます。

 

アル
これでようやくConoHa WINGへの移行作業は完了です。お疲れさまでした!

作業につまづいてしまった場合

もし、ConoHa WING移行中につまづいてどうしようも出来なくなった場合は、ConoHa WINGのサーバーを削除する方法があります。

 

移行前のサーバーを解約さえしなければ、WordPressのデータは前のサーバーに残ったままです。

DNSを再び前のサーバーに戻せば移行前の状態に戻すことが可能なので、原因が特定出来ない場合は一度初期化してしまった方がいい場合があります。

 

ConoHa WINGの良いところはサーバー契約が時間制というところです。

ConoHaWING 時間制

サーバーを一度削除して、再度契約しても契約が時間単位なので月額のトータルはあまり変わりません。

ConoHa WINGに不満がある場合でもすぐに解約できるので、試しに数日使ってみるということも可能になっています。

1時間2円より使用可能

国内最速・高性能レンタルサーバー

ConoHa WING移行後のブログの変化

移行の手順はこれでようやく終了になります。

僕はXserverからConoHa WINGへの移行でしたが、

 

アル
どのくらい変化したかって正直気になりますよね??

 

モバイルスピードに関してはこんな感じに変化しました。

Xserverの場合
Xserver サイトスピード

ConoHa WINGの場合
ConoHaWING サイトスピード

 

アル
結果としては、1秒の短縮に成功しました!

 

表示上はたったの1秒ですが、実際に操作してみると数値では感じられないの速さが実感出来ます。

ConoHa WINGの体感はかなり速い

数字上ではは1秒程度の変化でしたが、僕の場合すでにサイトスピード対策をしてからの1秒の変化なので、これは大きな変化でした。

amazon キャッシュプラグインキャッシュプラグインがAmazonアソシエイトの収益を0円にしたお話

キャッシュプラグインを導入していない方やまだスピード対策を行っていない方はこれよりも変化が大きいと思います。

 

実際にスマホやPCで観覧したときは、数字以上に表示が速くなっていることを体感出来ます。

また、記事作成時のエディタでも表示速度が改善していて、ギャラリー編集時は特に表示スピードが速いです。

 

変更後数日が経っていますが、動作も安定しているので今のところはとても良い環境となっています。

サーバー管理も楽

アル
ConoHa WINGのだと、サーバー管理もとても楽ちんです

ConoHa WINGのコントロールパネルはシンプルで使いやすいので、あまり知識がない人でも使いやすいつくりになっています。

ConoHaWING コントロールパネル
WordPressのような操作感。このはモードが特にお気に入り
いままのサーバーにはないコントロールパネルの作りなので、あまり知識のない僕でもすぐに操作できるようになりました。

ConoHa WINGは移行さえしてしまえば最高のサーバー

今回はConoHa WINGの移行手順について説明をしてきました。

WordPressかんたん移行にはまだ若干不便なところがあるものの、トータルでみれば他のサーバーよりはるかに楽です!

 

ConoHa WING良いところ

  • 他のサーバーよりも移行がかんたん
  • サイトスピード対策をしなくてもスピード改善が可能
  • サーバー料金が時間制
  • コントロールパネルが操作しやすい
  • なによりこのはたんが可愛い

ConoHa WINGに変えると他のサーバーよりも使いやすさを実感出来るので、ぜひ一度体感してみてください。

初心者にも使いやすいレイアウトなので、ブログ初心者にもオススメです。

なによりこのはたんがめちゃくちゃ可愛いので、ぜひ一度あなたの目で確かめてみてください(*´ω`*)

このはモード搭載

1時間2円より使用可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA