【バイブレーション機能搭載】スマホでも使えるゲーミングイヤホン「Quake」レビュー【バーチャル7.1サラウンド】

ゲーミングイヤホン「Quake」 レビュー

ドォーモ!ガジェット好きブロガーのアル(@Alfagoodone)です!

今回は日本初登場のバーチャル7.1サラウンド対応、バイブレーション機能搭載のゲーミングイヤホンのご紹介です。

 

中華製イヤホンメーカーplextoneから発売された商品を運よく先行販売からゲットできたので、

気になるバイブレーション機能やバーチャル7.1サラウンド機能の性能などの使用感をレビューしていきたいと思います。

今回のレビュー商品
Quake 外箱

ゲーミングイヤホン「Quake」の魅力

今回紹介するゲーミングイヤホン「Quake」は中華製イヤホンメーカーのplextone社から発売された新作ゲーミングイヤホンです。

ゲーミングイヤホン「Quake」はイヤホンサイズでありながら、まるでヘッドホンのような機能が豊富に搭載されています。

 

Quakeに搭載された3つの機能

  • 重低音を奏でるバイブレーション機能搭載
  • バーチャル7.1サラウンド対応イヤホン
  • マイクの脱着が可能なゲーミングイヤホン

 

アル
「Quake」はイヤホンでは搭載されないような機能をイヤホンサイズにコンパクトにまとめられた、ゲーム好きにはたまらない商品となっています。

「Quake」は振動するゲーミングイヤホン

ゲーミングイヤホン「Quake」にはイヤホンとしてはめずらしいバイブレーション機能を搭載

Quake バイブレーション機能

バイブレーション機能と言っても、スマホのマナーモードのような振動をするわけではなく、

低音域の音をよりリアルに再現するための機能としてバイブレーションとなっています。

 

アル
バイブレーションのおかげで低音域の音の表現はよりリアルになり、臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

イヤホンサイズなのにバーチャル7.1サラウンド対応

「Quake」はイヤホンサイズでありながらバーチャル7.1サラウンドに対応。疑似的な7.1サラウンド空間を再現しています。

Quake 7.1サラウンド

バーチャル7.1サラウンドに対応していることで、音に方向性が出て360度からのリアルな音を奏でてくれます。

バーチャル7.1サラウンドとは

通常の7.1サラウンドとは違い、聴覚の錯覚を利用して多方向から聞こえてくように感じることのできる技術のこと。

ゲーミングヘッドセットに搭載されていることが多い。

「Quake」はマイクの脱着可能

Quakeはゲーミングイヤホンやゲーミングヘッドセットの特徴ともいえる、マイク部分を脱着することが可能です。

Quake マイク

マイクが不要なときはマイクを外して、イヤホン単体として使用が可能。

Quake マイク取り外し

アル
ソロプレイ時や音楽を楽しむシーンにおいてはマイクを取り外して使用できるので、邪魔になりにくくとても便利です。

ゲーミングイヤホン「Quake」 外観

Quake 外箱

ゲーミングイヤホン「Quake」イヤホン部分

イヤホン部分はイヤホンサイズとしてはすこし大きめなサイズ。

Quake イヤホン部分

縦の大きさに関しては普通のイヤホンと比べても大差のないものの、奥行きに関しては通常のイヤホンに比べると2倍以上の大きさになっています。

Quake 大きさ

しかし重さとしてはわずか18gと意外と軽く、つけ心地もそれほど違和感はありません。

側面にはメーカーのゲーミングロゴのクモが描かれており、ゲーミングイヤホンらしいデザインとなっています。

Quake ロゴ

アル
全体的な作りもしっかりとしているので、見た感じはかなりの好印象です!

ゲーミングイヤホン「Quake」 操作部分

Quakeの操作部分はオモテ面に音量調節ノズルとマイクのON・OFFスイッチがあります。

Quake 操作パネル

ウラ面には通話スイッチが搭載されているので、突然の電話やチャットにもイヤホンから対応することが可能。

Quake 操作パネル裏

ゲーミングイヤホン「Quake」の音質と装着感

Quake 付属品

ゲーミングイヤホン「Quake」の装着感

Quakeの見た目は、通常のイヤホンと比べると決してコンパクトとは言えない大きさのイヤホンです。

しかし実際の装着感は思った以上に軽く、耳にもしっかりと固定出来ます。

Quake 装着時

マイクの脱着が可能なおかげでヘッドホンよりも手軽に使えるうえに、疲れにくいのでとても使い勝手のいいイヤホンです。

 

スマートフォンでは使いにくかったゲーミングヘッドホン替わりとして、Quakeを持ち運びできるゲーミングヘッドセットとしても利用出来ます。

アル
僕の場合はヘッドホンは圧迫感が苦手で使えなかったのですが、Quakeなら圧迫感もなくとても重宝しています!

ゲーミングイヤホン「Quake」はゲーム寄りの音質

実際にゲーミングイヤホン「Quake」の率直なに感じたのは良くも悪くもゲーム向けにチューニングされたイヤホンだと感じました。

バイブレーション機能機能を搭載しているおかげで、低音域は他のイヤホンにはない独特の臨場感があります。

 

聴こえ方としては映画館で聴いているような音源に近く、重厚感のあるサウンドが特徴のイヤホンです。

ただし、セリフや音楽のジャンルによっては低音の重厚感が邪魔になる場面もあり、良くも悪くも低音域重視のサウンド。

 

アル
ゲームや映画などとはとても相性が良く、まさにゲーミングイヤホンといった感じのサウンドチューニング

 

ゲーミングイヤホン「Quake」とスマホゲームとの相性

Quakeをスマホゲームでも使用してみましたが、スマホゲームとの相性はゲームのジャンルによって大きく異なります。


プレイに使用したのは、ASUS製ゲーミングスマホ「ROG Phone」

ROG Phone レビュー 【ゲームがさらに楽しくなる】ASUSゲーミングスマホROG Phone(ZS600KL)レビュー Quakeは低音のリアル感が売りのゲーミングイヤホンだけあって、PUBGなどのバトルロワイアルゲームなどとの相性はバッチリです。

銃声や足音などが強調され、よりリアルなサウンドでゲームを楽しめます。

 

特に銃声音の響き方は独特で、重みのある発砲音は今までにない感覚の音で再生されます。

Quake PUBG

しかしながら、デレステやバンドリ(ガルパ)などのリズムゲームなどでは好みに左右される聴こえ方でした。

 

重低音が売りのQuakeなので、低音が強調された曲がが好みの人やロックなどの楽器音を楽しみたい人には相性がいいです。

しかし低音が強調されるため歌声やセリフなどはこもったような聴こえ方をするので、違和感を感じる場面も多く見受けられました。

 

なので、クリアな聴こえ方が好みの人にはQuakeはあまりおすすめは出来ない感じのサウンドになります。

デレステ プレイ画面

アル
僕の場合はクリアなサウンドが好みなので、音楽鑑賞などでは違うイヤホンの方を使うことになりそう。
AVIOT TE-D01b レビュー 【日本の音質にこだわった完全ワイヤレスイヤホン】AVIOT TE-D01b 実機レビュー【最大9時間再生&完全防水】

「Quake」はコストパフォーマンスに優れたコンパクトゲーミングイヤホン

ゲーミングイヤホン「Quake」を実際に使ってみて感じたのは、

Quakeはイヤホンというよりもゲーミングヘッドホンをイヤホンサイズに凝縮した高性能イヤホンという認識の方が近いです。

 

ゲーミングヘッドホンを使いたいけどヘッドホンの大きさが苦手な人や、手軽にゲーミングサウンドを楽しみたい人におすすめ。

 

「Quake」の良かった点

  • リアル感のある低音サウンド
  • ヘッドホンより手軽に使えるゲーミングイヤホン
  • マイクの脱着が可能

 

低音サウンドに関しては今まで使ってきたイヤホンの中で一番リアルに感じる音源でバトルロワイアル系ゲームとの相性はバッチリ。

 

ゲーミングヘッドホンよりも小型なので、Quakeの場合は疲れにくく長時間の使用にも向いています。

ゲーミングヘッドホンよりも手軽に使えるので、スマートフォンとも相性の良いヘッドセットです。

 

ゲーミングイヤホン「Quake」の価格は9,850円とイヤホンとしてはちょっと高めの商品ですが、ゲーミングヘッドセットとして考えればかなりお得に思える商品です。

 

ゲーミングイヤホン「Quake」は現在はAmazon などでの取り扱いがなく公式サイトでのみ販売ですが、ゲーム好きの方にはおすすめの商品なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

参考 軽量・高音質で疲れにくい!バーチャル7.1サラウンド対応ゲーミングイヤフォン『Quake』gloture AVIOT TE-D01b レビュー【日本の音質にこだわった完全ワイヤレスイヤホン】AVIOT TE-D01b 実機レビュー【最大9時間再生&完全防水】 TaoTronics TT-SK018 レビューPCデスクにちょうどいいサイズのスピーカー【TaoTronics】USBサウンドバー TT-SK018【レビュー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA