スマートスピーカーと相性がいいTP-Link Wi-Fiテープライト「Tapo L900-5」【実機レビュー】

5 min 80 views
Tapo L900-5 レビュー

おしゃれな部屋の演出にかかせないのが、おしゃれな間接照明。

その中でも手軽にできるのが、貼るだけでおしゃれ感を演出できるのがLEDテープライト

テープライトは2,000~3,000円から購入できるので手軽にできるDIYグッズとして人気の商品です。

そんなLEDテープライトですが、その中でも僕がおすすめしたい商品が当記事で紹介するTP-LinkのWi-Fiを使って操作が可能なLEDテープライト「Tapo L900-5

「Tapo L900-5」は、スマホで操作ができるとても便利なLEDテープライト。

スマートスピーカーとの連携が可能で、手で操作しなくても使えるこれからの新しいタイプのLEDテープライトです。

アル

アル

この記事では、「Tapo L900-5」の特徴や使い勝手について、詳しく解説していきます。

TP-Link Tapo L900-5

当記事はTP-Link様から実機を提供して頂き、レビューを掲載しています。

TP-Link Wi-Fiテープライト「Tapo L900-5」
魅力と特徴

ココがポイント!
  • 好きなカラーと明るさ設定が可能なLEDテープライト
  • スマートスピーカーと連携し音声操作も可能
  • スマホから操作可能なかんたん設計

好きなカラーと明るさ設定が可能なLEDテープライト

Tapo L900-5は、Wi-Fiを使って操作ができる便利なLEDテープライト。

Tapo L900-5 外箱

自分の好きなカラーや明るさに調整ができるだけでなく、スケジュール機能タイマー機能も搭載したちょっと贅沢なLEDテープライトです。

スマホから操作できるかんたん設計

操作は基本的にスマホから操作を行うので、誰でもカンタンにLEDカラーやパターンのカスタマイズが可能です。

面倒な操作が一切なく、取り付けから設定まで30分もあれば設定が可能。

設定用のTP-Linkアプリ「Tapoアプリ」を使って設定を行っていきますが、このアプリが使い勝手も良く安物LEDテープライトとは比べものにならない使いやすさ。

Tapoアプリでは、TP-Link製の他のスマートホーム製品も一括管理できるので、これからスマートホーム製品を増やしていきたいと思ってる人にもおすすめの商品と言えます。

スマートスピーカーと連携し音声操作

Tapo L900-5は、スマホからの操作だけでなく、AlexaやGoogleアシスタントなどの音声操作にも対応しています。

音声による操作が可能なので、手元で操作することなく照明のON・OFFができます。

アル

アル

音声で操作できるので、夜中に起きた時などの間接照明としても活躍します!

TP-Link Wi-Fiテープライト「Tapo L900-5」
外観

ここからは外観について詳しく解説。

まずは、Tapo L900-5のセット内容。

Tapo L900-5 付属品

付属品は、

  • LEDテープライト本体(5m)
  • 操作用リモコン
  • ACアダプタ
  • 取り付け用両面テープ
  • 取扱説明書

以上の5点。

LEDテープライト本体(5m)は、汎用品のLEDテープライトとは違いTP-Linkのロゴも入っており、しっかりした作りの印象を受けます。

Tapo L900-5 LEDテープ

基本はスマホからの操作になりますが、直接操作可能な物理リモコンも付属。

Tapo L900-5 リモコン

付属の両面テープは、操作用リモコンの背面に取り付けして使用。

目立たない場所に設置したいときなどに活用しましょう。

Tapo L900-5 LEDテープ取り付け

TP-Link Wi-Fiテープライト「Tapo L900-5」
取り付け方法

ここからは、「Tapo L900-5」の取り付け方法について解説していきます。

取り付けの手順は以下のような流れ。

  1. LEDテープライトの取り付け場所を決める
  2. テープライトの取り付け
  3. TapoアプリによるLEDテープライトの初期設定
アル

アル

スマホを使って、設定を行うので、全体的に初期設定はかんたんにできます。

  1. STEP

    LEDテープライトの取り付け位置を決める

    まずはLEDテープライト本体の取り付け作業。

    LEDテープライトは間接照明としての役割が強いので、基本的に光らせたい場所の背面に取り付けを行っていきます。

    Tapo L900-5 取り付け作業

    貼りたい場所を決めてたら貼り付けを行っていきますが、一度カットしてしまうと長さを延長することはできません。

    アル

    アル

    ある程度貼る場所が決まったら、すこし長めの大きさにカットしておくことをおすすめします。

  2. STEP

    テープライトの取り付け

    取り付け位置が決まったら、次は取り付け作業。

    LEDテープライトは、ある程度までなら曲げることも出来ます。

    テレビの背面や机の裏などに貼り付ける際は、緩やかなカーブを描くイメージ

    アル

    アル

    テープの粘着力は割と強めなので、優しく貼る感じで大丈夫です。

  3. STEP

    TapoアプリでLEDテープライトを登録する

    ここまで終わったら、ここからはスマホからの操作になります。

    LEDテープライトを操作できるようにするため、スマホにTP-Linkのスマートホーム製品操作アプリの「Tapoアプリ」をインストール。

    インストールが終わったら、Tapoアプリにログインをして右上の+ボタンをタップ。

    アプリの中にある「Tapo L900」をタップ。

    テープライトの電源をONにする前に、電源アダプタ、コンセント、LEDテープライトが接続されているかしっかりと確認。

    Tapo L900-5 接続

    電源をONにして、約15秒間もしくはLEDがオレンジと緑色に点滅するまで待ちます。

    点滅を確認したら、スマートフォンのWi-Fi設定画面を開き、LEDデバイス(Tapo_LightStrip_XXXX)とスマホを接続します。

    LEDテープのWi-Fiとスマホをつないだら、Tapoアプリに戻りLEDテープライトと接続するネットワークを選択。

    ルーターの接続パスワードを入力。

    LEDテープライトに分かりやすい名前をつけます。

    アル

    アル

    アレクサでも同じ名前になるので、スマートスピーカーを利用している人は、呼びやすい名前にしておくといいかも。

    スマホに表示するアイコンも選択できますが、こちらは自分のわかりやすいと思うアイコンを選択すればOK。

    アイコンの選択が終わったら、最後にLEDテープライトのファームウェアアップデートを行って、接続の設定は完了です。

    アル

    アル

    操作はかんたんなので、10分もあれば終わります。

TP-Link Wi-Fiテープライト「Tapo L900-5」
基本的な操作

Tapo L900-5の基本的な操作についてもかんたんに説明していきます。

基本的にはスマホかスマートスピーカーを経由しての音声操作です。

アル

アル

スマホからの操作をかんたんに説明します。

可能な操作は以下の3種類。

  • 音声シンクロ
  • エフェクト
  • スケジュール

音声や音楽に合わせてLEDが点灯する「音声シンクロ」や、自分の好みに合わせた発色にカスタマイズできる「エフェクト」

目覚ましなどとしても使える「スケジュール」機能などがあります。

Tapo L900-5 音声シンクロ

LEDのカラーはデフォルトで11色が設定されていますが「エフェクト」から、任意のカラーにカスタマイズが可能です。

Tapo L900-5 カラー

また「エフェクト」の項目では、発光パターンも選べることができ、全部で16種類の発光パターンが用意されています。

Tapo L900-5 エフェクト

「スケジュール」機能では、日の出、日没、指定した時間の3つから設定が可能。

細かな時間を設定できるだけでなく、曜日設定やカラー、発光パターンまで事細かに設定できます。

Tapo L900-5 スケジュール機能
アル

アル

Tapo L900-5は、数あるLEDテープライトの中でも、かなり細かく設定ができてとても便利!

TP-Link Wi-Fiテープライト「Tapo L900-5」
使用した感想

実際に使ってみた感想としては、他社のLEDテープライトと比べて、できることが多く操作性にも優れていると感じました。

反応速度がいい

Tapo L900-5を使ってみていちばんよかったと感じた部分は、反応速度の良さ

安物テープライトを使用していたときに比べ、Tapo L900-5は音声操作やスマホからの操作に素直に反応してくれます。

特にAlexaからの音声操作のレスポンスが良く、基本的には声による操作だけでOK。

色の変更や細かな設定を行うときくらいしか操作をしなくていいので、照明管理がとってもラク

アル

アル

僕の場合は、パソコンデスクに「Tapo L900-5」と「Tapo P105」を使用し、音声でパソコン&LED照明を同時に起動出来るように設定しています。

タイマーやスケジュールなど機能が豊富

Tapo L900-5には、タイマーやスケジュール機能が付いているので、目覚まし機能や防犯機能としても大いに活躍します。

Tapo L900-5 スケジュール機能

スケジュール機能は、曜日や日の入りなど細かい設定が可能。

アル

アル

目覚まし時計などと組み合わせて使うと、光による目覚まし時計としても活用できます。

他のスマートホーム機器とアプリが共通で使いやすい

TP-LinkのアプリであるTapoアプリは、Tapo L900-5以外のTP-Link製のスマートホーム機器も操作が可能です。

LEDテープライトの他にも、スマートプラグやスマートランプ、スマートカメラなどがあり、電源管理を一括で管理したりすることも可能です。

どの端末に関してもTapoアプリを使って操作するので、TP-Link製のスマートホーム機器で統一していけば、操作がとても楽になります。

アル

アル

アレクサと連携することで、音声だけで色々なスマートホーム機器が操作できてとても便利です。

まとめ
ちょっと高価だけど使い勝手は最高なLEDテープライト

TP-Link Wi-Fiテープライト「Tapo L900-5」のレビューは以上となります。

さいごに「Tapo L900-5」の特徴をまとめるとこんな感じになります。

デメリット
  • 3,600円と若干高い
メリット
  • 操作がかんたん
  • スマホアプリで操作できる
  • スマートスピーカーとの相性がいい

価格は、Amazonなどで見ると2,980円とLEDテープライトとしては高価な部類に入りますが、その分操作性や安定性に優れています

安物のLEDテープライトに比べて、耐久性も高く価格以上に価値のあるように感じました。

Wi-Fiとの接続もとても安定しているので、スマホやスマートスピーカーとの相性もバツグンです。

スケジュール管理や音声操作をできるように設定しておけば、面倒な操作も必要ないのでめんどくさがりの人にもおすすめのテープライト。

この記事で紹介した商品は5mのテープライトになりますが、この他にも10mと長めのLEDテープライト発売されているので、大きな家具などに使用したい場合は10mタイプも活用すると良さそうです。

TP-Link Tapo L900-5

アル

アル

ガジェットブロガーの「アル」です。
ASUSのスマホをメインにイヤホンやスマートホーム家電を実際に触ってレビューしていきます。
ちょっと便利なグッズの紹介なんかもやってます。


読むとちょっと便利になれるブログです♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA