【日本の音質にこだわった完全ワイヤレスイヤホン】AVIOT TE-D01b 実機レビュー【最大9時間再生&完全防水】

AVIOT TE-D01b レビュー

ドォーモ!ガジェット好きブロガーのアル(@Alfagoodone)です。

今回紹介する商品は、日本発の完全ワイヤレスイヤホン「AVIOT TE-D01b」です!

AVIOT TE-D01bは2018年11月に発売された商品で、完全ワイヤレスイヤホンでは数少ないapt-Xに対応した商品で遅延の少なさが魅力の商品です。

発売開始から評価も高く、その音質はとても1万円台とは思えないほどの仕上がりとなってます。

アル
今回はその人気の理由を実機を使って体感していきたいと思います。
今回のレビュー商品

AVIOT TE-D01b 外観

AVIOT TE-D01bは日本人向けにチューニングが施された日本発の完全ワイヤレスイヤホンです。

AVIOT TE-D01b 外箱

アル
メーカー自体は新しいですが、オーディオ機器の優秀な選出するVGP2019アワードではワイヤレス大賞を受賞した商品です!

ケースには800mAhのバッテリーが搭載された手のひらサイズのケース。

AVIOT TE-D01b 本体

イヤホン本体は卵型でAVIOTのロゴ部分が操作するためのスイッチとなっており、本体には通話用のマイクも搭載されています。

AVIOT TE-D01b イヤホン

本体の他に付属品は、充電用USBケーブル、純正イヤーチップ、SpinFit製イヤーチップ、専用ポーチが付属。

AVIOT TE-D01b 付属品

イヤーチップは純正がS/M/L各1セット、SpinFitイヤーチップがSS/S/Mが各1セットずつとなっています。

アル
SpinFit製イヤーチップは、イヤーチップを変えるだけで音質が良くなるという優れもの!

 

ケースはスライドして開閉させる仕様となっており、イヤホンを出し入れもとてもスムーズに行えます。

AVIOT TE-D01b 収納

アル
充電の接触部分がマグネットになっているので、イヤホンからスッと収まっていく感じ。

 

カラーバリエーションは3色が用意されており、ブラックガンメタルネイビーの中から選択が可能です。

AVIOT TE-D01b カラーバリエーション
引用元 http://aviot.jp/products/te-d01b/

AVIOT TE-D01bの魅力

AVIOT TE-D01bは1万円台の価格帯でありながら、価格以上の性能を持ち合わせています。

日本人向けに開発されたワイヤレスイヤホン

AVIOT TE-D01bは日本人向けにチューニングが施されており、日本人が好みの音質に調整がされています。

J-POPはもちろんのこと、クラシックやアニソンといった楽曲でもOK。

アル
クリアなサウンドと臨場感は価格以上のものが体感出来ます!

クアルコム社のQCC3026を採用した遅延の少ないワイヤレスイヤホン

イヤホン本体のチップにはクアルコム社製の最新チップ、QCC3026が採用されています。

コーデックはapt-Xに対応しており、遅延の少ない高音質な音源が楽しめます。

またQCC3026が搭載されたことにより音切れにも強くなり、電波の飛び交う街中でも音切れが発生しにくくなっています。

アル
音切れしにくいから、通勤や通学にも使いやすい!
apt-Xとは

apt-Xとは、Bluetoothで音を伝送する際の圧縮方式のひとつ。

従来のSBCよりも高音質で音の遅延も少ないのが特徴。

遅延の少なさはSBC>AAC>apt-Xの順で、apt-Xがもっとも遅延が少ない。

最大9時間の連続再生が可能

最新のチップが搭載されたことにより、従来のワイヤレスイヤホンよりも長時間の使用が可能です。

イヤホンのバッテリーだけでも最大9時間の連続再生が可能。

 

ケースには800mAhのバッテリーも搭載されているので、ケースバッテリーも合わせると最大81時間も使用可能です。

AVIOT TE-D01b ケース

 

再生時間について

最大9時間の連続再生はSBCによる再生の期待値です。

apt-XやAACの場合だと連続再生時間は半分の4~5時間程度になります。

アル
android端末の場合でも4時間くらいは連続再生可能なので、通勤通学でも十分に活躍します!

防水性能はIPX7

防水性能にも優れており、IPX7相当の防水性能を持っています。

IPX7相当の防水性能があれば、運動による汗や急な雨でも安心して使えます。

IPX7とは

IPX7は一時的(30分)に一定水深(1㎡)に水没しても内部に浸水しないレベルの防水性能のこと。

雨に濡れる程度であれば壊れる可能性も低いです。

AVIOT TE-D01b スペック

 

AVIOT TE-D01b スペック

  • ダイナミック型ワイヤレスイヤホン
  • Bluetooth:Ver.5.0
  • 対応コーデック:SBC、AAC、apt-X
  • 連続再生時間:約9.0時間
  • 充電時間:1.5~2.0時間
  • 防水機能:IPX7
  • バッテリー容量:イヤホン45mAh/ケース800mAh
  • ケースサイズ:約86㎜×60㎜×23㎜
  • 重量:イヤホン本体約4.5g(片方)/ケース約85.5g

 

AVIOT TE-D01bはケースを含め、コンパクトなサイズ。

バッテリー容量にも十分余裕があるため、旅行先や長距離の移動などにも使えます。

 

アル
ケースを含めても手のひらに収まるサイズなので持ち運びにも便利です!

AVIOT TE-D01bの実際の音質とつけ心地

AVIOT TE-D01bの装着感

AVIOT TE-D01b 装着

僕がつけてみた感想としては、イヤホン本体は少し大きめな感じです。

形は卵型で横に少し大きめ。人によっては合う合わないが出てくるかもしれません。

 

僕の場合だとイヤーチップをしっかりと入れ込めば安定はしますが、イヤーチップのサイズ選択を間違うと安定しません。

ランニングなどの激しい動作を行うのには少し不向きな印象を受けました。

 

装着時の遮音性は高く、イヤホン装着時には周りの音はほとんど聞こえません。

音漏れも少なく、サイズが大きいという点だけがちょっと残念な印象を受けました。

交換保証サービス

AVIOT TE-D01bには保証期間内であれば、一回限り紛失などの保障にも対応しています。

料金はかかりますが、買い替えるよりも安い価格で新品と交換することが可能です。

参考 交換補償サービスのご案内AVIOT

AVIOT TE-D01の音質

Amazon music

アル
音質に関しては、個人的には文句のつけようがありません。

 

音楽はAmazon Musicから自分の好きな曲をランダムに選曲。

J-POPやアニソン、ロックなどあらゆるジャンルを試してみましたが、AVIOT TE-D01bの臨場感には正直驚きました。

低音域の音質

低音域はムダに響かせるのではなく、曲全体にマッチするちょうどいい感じ低音。

リアルな低音といった印象でどんな音楽にも邪魔にならない聴きやすい低音の印象を受けました。

 

高音域の音質

高音域は聴きやすく、とてもクリアな音質。

特にアコースティックギターの音やピアノ音は特に聴き心地がよく、僕としてはかなり好みの音でした。

 

ボーカルの音質

ボーカルに関しては演奏に邪魔されることもなく、演奏とボーカルがはっきりと分かれてる感じでとても聴きやすい。

バンド曲では特にその特性がはっきりと感じられ、全体を通して臨場感がすごいといった印象を受けました。

アル
J-POPやジャズ、ロックなどなんでも聴けるトータルバランスに優れたワイヤレスイヤホンです!

AVIOT TE-D01bのゲームとの相性

AVIOT TE-D01b apt-X

アル
AVIOT TE-D01bはapt-Xに対応しているおかげで、ゲームとの相性もバッチリです。

RPGやバトルロワイアル系はプレイ可能!

FGOやプリコネなどのRPGにおいては遅延はほとんど気にならずにプレイが可能でした。

FGO スクショ

PUBGでは若干の遅延は感じられるものの、プレイ出来ないほどではありませんでした。

少しの遅延も許さない人はワイヤレスイヤホンを使わない方が無難ですが、気軽に遊ぶくらいならPUBGでも使用可能です。

AVIOT TE-D01bは音のバランスもしっかりしているため、音にもしっかり方向性がありました。

 

リズムゲームにおいては遅延が目立つ

遅延は少ないとはいっても、やはりリズムゲームにおいてワイヤレスイヤホンは不向き。

バンドリ スクショ

音楽に関してのズレはほとんど感じないものタップ音のズレがひどく、ワイヤレスイヤホンではプレイは厳しめといった印象を受けました。

デレステ スクショ

デレステ、バンドリ(ガルパ)両方において同じような状態で、apt-Xのおかげで遅延が少ないといってもやはり限界があるようです。

ワイヤレスイヤホンの小技

どうしてもワイヤレスイヤホンでデレステやバンドリをプレイしたい場合は、タップ音を0でプレイするとプレイが可能です。

ただし、リズム調整は少し難易度高め。

使用したスマホ
ROG Phone レビュー 【ゲームがさらに楽しくなる】ASUSゲーミングスマホROG Phone(ZS600KL)レビュー

動画の遅延は全く感じない

ゲームの他にもYouTubeやNetflixなどで動画も視聴してみましたが、動画に関しては遅延は全くわかりません。

スピーカーで聴いている状態と変わらない環境で視聴可能なので、スマホのスピーカーで聴くよりも高音質で動画が楽しめます。

アル
AVIOT TE-D01bは最大9時間の再生が可能なので、映画なんかも余裕で楽しめちゃいます!

AVIOT TE-D01bはコスパにも優れた今一押しのワイヤレスイヤホン

AVIOT TE-D01bは価格が1万円台という価格帯でありながら、値段以上に楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。

 

AVIOT TE-D01bの魅力

  • 1万円台とは思えない音質の良さ
  • apt-X対応で遅延も少なくゲームもできる
  • 最大9時間の連続再生
  • IPX7仕様で雨の日でも安心

 

AVIOT TE-D01bは完全ワイヤレスイヤホンでapt-Xに対応した数少ないモデルです。

遅延の少なさと日本人向けにチューニングされた音質はとても1万円台とは思えない仕上がりとなってます。

 

最大9時間のバッテリーとIPX7の防水仕様で通勤や通学のシーンでも気軽に使えます。

音楽だけではなくゲームも楽しめるので、初めて完全ワイヤレスイヤホン買うという人にもおすすめです。

アル
1万円台で完全ワイヤレスイヤホンを探しているなら間違いなくおすすめしたい商品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA