Amazonサイバーマンデーセール 12月6日9:00~

バンドリにおすすめの端末【2019年版厳選6選】

バンドリおすすめ端末

機種変更をするときに気になってくるのが、スマホのスペック

僕もバンドリが好きでスマホを購入する際には、バンドリが動くかどうかは重要な要素のひとつになっています。

スマホを購入する際にスペックは大事な要素のひとつです。

しかし、

パカさん

SoCとかCPUなんて言われても分からない・・・

そんな方も少なくないはず。そこで今回は

アル

そんなあなたに僕がおすすめする バンドリにおすすめの端末6選 を紹介していきます!!

バンドリの必要スペックは高くない

バンドリ スマホ

おすすめ機種を紹介する前に、バンドリの動作環境について少しお話させて頂きます。

バンドリをプレイする上で気になってくるのが、プレイに必要なスマホのスペック。

僕はバンドリをプレイして1年以上になりますが、バンドリ自体はそこまでスペックを必要としないっていうのが正直な感想です。

デレステやミリシタなどと比べると、スマホへの負荷はそれほど高くありません。

なのでバンドリをプレイする端末を選ぶ際は、最低限の バンドリが動く環境を把握していれば費用も大幅に抑えられます

バンドリの必要スペックを解説

おすすめ機種を紹介する前にバンドリをプレイするうえで必要なスペックについて解説していきます。

アル

少し長くなっているので、分かる方は読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

バンドリ動作の基準はSnapdragon625以上

バンドリ 設定画面

必要スペックはあまり高くなくてもバンドリは十分に動作をしてくれます。

僕が実際に端末を使ってみた感想だと、Snapdragon625以上のSoCを搭載したスペックがあればプレイは十分に可能です。

ZenFone3をandroid7.0にアップデート!ガルパやデレステの動作確認含みます。

だたし、Snapdragon625の場合だと軽量モードにするなどの動作を軽くする必要があります。

Snapdragon625はプレイする上での最低限必要なスペックです。

Snapdragon625以上のSoCについて

パカさん

Snapdragon 625って言われてもよく分からない・・・

アル

そんなときはSnapdragon頭の数字だけでも覚えておくと購入のとき、楽になるよ!!

Snapdragonには主に

  • Snapdragon 4〇〇シリーズ
  • Snapdragon 6〇〇シリーズ
  • Snapdragon 8〇〇シリーズ

があります。○○の中に入る数字は上がっていくほど新しく性能も高性能になります。

Snapdragon 4○○

Snapdragon 4○○シリーズは低価格帯のスマホに搭載されているモデルで、基本的にゲームには不向きなSoCになります。

バンドリをプレイするにはあまりおすすめ出来ないモデルなので、購入の際には注意が必要です。

Snapdragon 6○○

Snapdragon 6○○シリーズは、ミドルスペックスマホに搭載されていることが多いSoC。

このSnapdragon 6○○のスペックがあれば、 バンドリをプレイすることは十分に可能 です。

しかし、先ほど説明したように軽量モードでプレイするなどの工夫が必要になるので、コストパフォーマンス重視の方におすすめなシリーズです。

注意
古い端末にはSnapdragon 615などが搭載されている場合があります。

Snapdragon 610番台は古いタイプのモデルになるので、バンドリをプレイするのは少し厳しいスペックとなります。

Snapdragon 8○○

Snapdragon 8○○シリーズはハイスペックモデルの代表ともいえるSoC。

Snapdragon 8○○シリーズ搭載端末を買っておけば、バンドリのプレイに問題ありません。


しかし、Snapdragon 8○○シリーズにおいても、古いモデルがあるので注意です。

中でもSnapdragon 800~820番台は発売からすでに3年以上経過しているので、新しく購入するには不向きといえます。

Snapdragon 800~820番台を買うくらいなら、現行のSnapdragon 6○○シリーズのSnapdragon 660の方が3D描写性能が高いのでおすすめです。


Snapdragon 8○○シリーズを購入する場合には、Snapdragon 830番台以降の機種を購入するようにしておきましょう。

Snapdragon 625以上のバンドリが動く端末

バンドリ スコア

少しSnapdragonについて説明をしましたが、性能を詳しく覚える必要はありません。

覚えられないという方は下に記載する数字を覚えておけば、基本的に大丈夫です。

バンドリ動作SoC(搭載機種例)

数字を覚えるのが苦手な場合は上の7種類を覚えておけば購入の際に機種選びが楽になります。

基本的に 数字が低い方が性能は低く数字が大きくなるほど高性能 となっていきます。

他にもSnapdragonを搭載していないHuawei製のスマホやAppleのiPhoneなどもあります。

それらについてはこれから紹介するバンドリおすすめ6選の中で少しご紹介していきます。

バンドリ好きにおすすめの楽曲配信サービスアプリ【Amazon Music Unlimited】と【ANiUTa】の特徴をご紹介

バンドリおすすめ端末6選【用途に合わせた選び方】

ここからは、選ぶのがめんどくさいあなたのために僕がおすすめする端末を用途別にご紹介!!

  1. 普段はあまりしないけど手軽にプレイしたい人(コストパフォーマンスタイプ)
  2. ガチ勢ではないがそれなりの環境は欲しい(ミドルスペックタイプ)
  3. 最高の環境が欲しい!!(ハイスペックスタイプ)

3つのタイプに分けておすすめをご紹介していくので、自分に合ったタイプを見つけて行きましょう。

コストパフォーマンス重視

ASUS ZenFone Max Pro M2

ZenFone Max Pro M2 本体

コストパフォーマンスに優れたモデルの中でも今一番おすすめの機種は ASUS ZenFone Max Pro M2 です!

ZenFone Max Pro M2の特徴
  • ミドルクラスの性能を持つSnapdragon 660搭載
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • 3万円台とは思えない高性能スマホ

SoC(CPU)にはミドルスペックにも搭載されている評判の良いSoC、Snapdragon 660を搭載

バッテリーは5,000mAhと長時間のプレイにも耐える大容量バッテリー

ミドルスペック並みの性能を持ちながら、価格は3万円台とコスパにも優れた今一押しの1台です。

ZenFone Max Pro M2 レビュー 【3万円台で買える】ASUS ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)実機レビュー【性能とコスパの両立された最強スマホ】

搭載SoCがSnapdragon 660ということもあり、 バンドリのプレイに関してもストレスなくプレイが可能

メモリも4GB、ストレージも64GBと3万円台のスマホとしては容量も多めなので、使い勝手もいいです。

アル

大容量バッテリーが搭載されているので、長時間プレイする人にもおすすめです!!

ZenFone Max Pro M2 レビュー 【3万円台で買える】ASUS ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)実機レビュー【性能とコスパの両立された最強スマホ】

Huawei P30 Lite

次のおすすめは、 HUWEI P30 lite

こちらもコストパフォーマンスに優れたスマホの代表ともいえる1台。

HUWEI P30 liteの特徴
  • 高性能SoC Kirin710を搭載
  • USB-C端子に対応した格安スマホ
  • 3万円台前半で買える低価格

HUWEI P30 liteは3万円台前半の価格でありながらSnapdragon 636以上の性能をもったSoC(CPU)Kirin 710を搭載。

ストレージ64GBにメモリも4GBと容量的にも十分。

基本性能が高く、USBは低価格帯には少ないType-Cを搭載。

カメラ性能も低価格帯のわりには高性能で、普段使いとしても使える万能な端末となっています。

バンドリをプレイする場合においても、ベンチマーク自体はSnapdragon 636以上の性能を発揮しているので動作的には問題なし。

参考 実機AnTuTuベンチマークスコアまとめガルマックス
アル

性能的には、Snapdragon 636より上で、Snapdragon 660よりも下といったところ。

また、バッテリー容量が3,340mAhと少し少な目なので、電池持ちが気になるならZenFone Max Pro M2の方が電池持ちはいいです。

性能的にもZenFone Max Pro M2よりも少し落ちるので、HUWEI P30 liteは 少しでも購入費用を抑えたい人におすすめの端末 です。

アル

コスパを重視するなら、HUWEI P30 liteの方が安く買えます!

ミドルスペックのおすすめ端末

ASUS ZenFone  4

zenfone 4

ミドルスペックでのおすすめ端末は ASUS ZenFone 4

今年はASUSから新機種のZenFone 6が発売され、ZenFone 4は2世代前のスマホとなってしまいましたが、その性能は今見ても魅力的です。

SoCにはグラフィック性能も高めの Snapdragon 660を搭載

メモリは6GBにストレージ容量は64GBと容量的にも十分。

ZenFone 4の発売当時は7万円くらいの価格で発売されていましたが、今では 3万円台とかなりお買い時な価格 になってきています。

アル

性能的には全く問題ないのに、モデル的には2世代前ということもあってこの価格に。

ZenFone 4は3万円台の価格帯でありながら、メモリは6GBと大容量です。

また最近の機種では見なくなったホームボタンも健在。

スマホとしての完成度も高く、今でも魅力的な機種です。

アル

僕もZenFone 4を持っているので、その快適さは確認済み!!

ZenFone4でガルパ(バンドリ)をプレイしてみました!
ZenFone 4の注意点

2019年1月現在、ZenFone 4の新品の取り扱いは徐々に減ってきており手に入りにくい状態となっています。

ZenFone 4は中古でも販売されているので、手に入れたい場合は中古も視野に。

お得にスマホが買える

在庫数も豊富なイオシス

快適にプレイできるハイスペックタイプ

ASUS ZenFone 6

ZenFone 6の持ったときの大きさ

ハイスペックタイプでおすすめはASUS ZenFone 6。

ZenFone 6の特徴
  • 最新SoCのSnapdragon 855を搭載
  • メモリ6GB、ストレージ128GBの大容量スペック
  • ノッチのない6.4インチのフルディスプレイ

ZenFone 6は2019年8月に発売された ASUS最新のスマートフォン です。

SoCには、最新最速モデルの クアルコム製Snapdragon 855 を搭載。

ラインナップには、 メモリ6GBにストレージ128GBのモデル と、 メモリ8GBでストレージ256GB の2モデルが発売されています。

ZenFone 6は価格はハイエンドモデルでありながら、価格は7万円台と良心的な価格となっています。

ZenFone 6 ノッチレス

ノッチ(切り欠き)のないフルディスプレイ液晶を採用しているので、大きさ画面でゲームを楽しめるのも魅力のひとつです。

ベンチマークにおいても、2019年8月現在で最高得点をマークしている今、最も高性能なスマートフォンとなっています。

ZenFone 6 Edition30 レビュー 【実機 レビュー】ASUS Zenfone 6 Edition 30(ZS630KLは超快適なハイスペックスマホ【30周年記念モデル全世界限定3,000台】

Apple iPhone 8

安心のメーカーで選びたいなら、Apple iPhone 8

iPhone 8の特徴
  • 安心安定のApple製品
  • ディスプレイサイズが4.7インチで操作性がいい
  • 型落ちモデルでお買い得に買える

安心のApple製でCPUもApple A11 Bionicを搭載。

Apple A11 Bionicは、性能的にもSnapdragon845と同等クラスで バンドリも快適にプレイが可能


iPhone 8は画面サイズは4.7インチと、バンドリをプレイする上で 操作がしやすいというのも魅力のひとつ

最近のスマートフォンは大型化が進んでおり、5インチ以下のモデルも少なくなってきています。

操作性を求めるならiPhone 8の4.7インチというディスプレイサイズはかなり魅力的。



iPhone 8はすでに発売から2年ほど経過していますが、今は3万円台から購入できるようになってきてコストパフォーマンス的にも優れています

アル

小さなボディと操作性の良さでiPhone 8は今でも魅力的!

iPhone 8が3万円台から買える!!

在庫数も豊富なイオシス

個人的にはZenFoneシリーズがおすすめ!

バンドリ ZenFone

バンドリをプレイするのに個人的におすすめは、ZenFoneシリーズがおすすめです!!

今まで4機種ほどZenFoneを扱ってきましたが、ZenFoneシリーズはどれも完成度、コストパフォーマンスがとても優れています。

おすすめ機種を5つ選ばさせて頂きましたが、それでもお悩みの方にはZenFoneシリーズをおすすめです。

バンドリ好きにおすすめの楽曲配信サービスアプリ【Amazon Music Unlimited】と【ANiUTa】の特徴をご紹介

番外編 ゲーミングスマホ 「ROG Phone」

最後におまけとして紹介するのはASUSのゲーミングスマホROG Phoneです。

バンドリ以外にもデレステやPUBGなど、色々なゲームをする人にはROG Phoneがかなりおすすめ!!

ROG Phone ディスプレイ側

ROG Phoneにはゲームを快適にするアクセサリーが充実しており、バンドリをプレイするのにも便利なアクセサリが充実しています。

例えば、

  • ゲームによる端末の発熱を防ぐ外付けクーラーユニット
  • スマホをデュアルディスプレイでプレイ可能にするTwinView Dock
  • スマホの映像を遅延なく大型ディスプレイに転送できるWiGig Display Dock

などの機能がROG Phoneでは使用可能になります。

またROG Phone自体もかなりの高性能なので、バンドリ以外のゲームでも快適にプレイできることは間違いありません。

詳しいレビューは【ゲームがさらに楽しくなる】ASUSゲーミングスマホROG Phone(ZS600KL)レビューを参考に。

ROG Phone レビュー 【ゲームがさらに楽しくなる】ASUSゲーミングスマホROG Phone(ZS600KL)レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA