夏の夜の最適なクーラーの使い方

ドォーモ。最近、夏バテ気味のアルファ☆ロメ男です。

まだ7月というのにもう35℃越えとか本当に勘弁してほしい今日この頃。私は、最近は夜も暑くてクーラーをつけっぱなしで寝ています。

「それって身体に良くないんじゃないの??」って思ってません??

私もそう思っていました。しかし、最近それが間違った認識だったことを知る機会がありました。今日はその間違った認識をせっかくなんで共有しておこうと思ったので記事にさせて頂きます。

実は夏場の夜はクーラーをつけっぱなしの方が身体にはいい!!

クーラーを切った方がいいのは昔の話

私もつい最近まで、クーラーをつけっぱなしにしてると身体に悪いと思っていました。しかし、それは昔の話でした。今は逆にクーラーのを使わない方が色々と身体には悪いそうです。

昔は夜中になると、気温も下がってきて窓を開けていれば涼しい風が部屋に入ってくる。そんなときもありました・・・

しかし今は、温暖化により昔より平均気温が上がっています。田舎の自然が多い地域では夜中は気温が下がってくれる地域もあるかもしれませんが、今のコンクリートだらけの地域ではそうもいきません。夜中であってもなかなか温度が下がってくれないのが現状です。

今は夜中でも大量の汗をかくほど暑いです。そうなってくると眠り自体が浅くなり体調を崩したり、下手をすれば夜中であっても熱中症になる危険性があるとか。何度も寝て起きてを繰り返すとストレスにもなりますしね。

電気代が気になるからと言って、こまめにクーラーを消す方もいますが、クーラーは急激に冷やす場合の方が電気代がかかるので、付けたり、切ったりするくらいなら夜の睡眠時間はつけっぱなしの方が経済的にはいいです。

夏場の夜の最適なクーラーの使い方

ではどのような使い方をすればいいのか。ここからは、夏場の夜の最適なクーラーの使い方を説明していきます。

まず、クーラーの温度はあまり冷やしすぎない。設定温度は27~28℃くらい。クーラーの風が直接身体にあたると、身体にはあまり良くないので、直接風が当たらないようにします。

それだけだと暑い場合があるので、扇風機をうまく活用して足元から弱めの風をあてると快適です。あとは睡眠時も人は大量の汗をかくので熱中症の対策の為にも寝る前に適度な水分補給を行ってください。それでもクーラーの乾燥が気になる方はマスクを利用して乾燥を防ぐ方法があります。

以上をまとめるとこんな感じ。


・クーラーの設定温度は27~28℃程度

・クーラーのタイマーは使用しない

・クーラーの風が直接身体に当たらないようにする

・扇風機を利用して優しく風をあてる

・睡眠前にコップ一杯の水を飲んでから寝る

・口の乾燥が気になる場合はマスクなどを利用


以上がオススメの使い方です。他にもお腹を冷やさないように腹巻やタオルケットの利用したり、冷えすぎには注意するようにしてください。

私なんかはお腹が弱いので、タオルケットなんかは必須です。

 

[aside type=”normal”]

私は忘れっぽくてクーラーを消すのを忘れて、仕事から帰ってきたら「超部屋が涼しいし!!!」って後悔することが多々あります。w

なので、朝に切れるようにタイマーをセットするというのもオススメ。一人暮らしじゃない人や、「私はそんなドジじゃ無いから大丈夫。」って方はここはスルーしてもらって結構です。

[/aside]

 

まとめ

今日は、夏場の夜のクーラーの使い方について説明してきました。

最近の夏の夜は本当に暑いです。昔と同じ感覚でクーラーの電気代の節約といって切る人も多いです。しかし、今は熱中症になる危険性の方が高いので体調管理の為にもクーラーをしっかり活用しましょう。

高齢者の方などは昔の認識でクーラー代が高くつくイメージがあったりもしますので、今のクーラーは進化してることと昔とは気温も違うことをしっかりと知ってもらうことも大事かと思います。

これからはもっと暑くなっていきますので、水分補給はしっかり摂って、お互いに体調管理には気を付けていきましょう!!

それではまたノシ

アルファ☆ロメ男(@Alfagoodone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA