今年は本当に暑い!!今までよりしっかり熱中症対策を!

ドォーモ。アルファ☆ロメ男です。

今日も本当に暑かった・・・

私は鈑金塗装という仕事上、作業着は安全のために長袖を着て作業をしています。毎年この季節がやってくると、「こんな仕事辞めてやる!!」って気持ちになりながら仕事をしているんですが、今年の夏は暑さが特にすごいです。

まだ7月なのにこの暑さ。今年は体力に自信のある方も、しっかり対策を行ってください。今年は本当に手ごわい夏になりそうです・・・

今年は湿度も高い!!猛暑日は特に注意

去年と温度は同じでも湿度が違う

今年は例年に比べて湿度が高いです。湿度が高いと身体の熱を放出、出来ずに体力と水分を大量に奪います。

私はすでにそれを身をもって知りました。例年だと汗をかいても「シャツがびっしょり」くらいだったのですが、今年は「作業着のひざまで汗びっしょり」です。今年は今までにかいたことのない汗の量です。一日だけかと思っていたのですが、ここ数日間は同じような状況になっているので、今年の夏は本当に警戒をしてください。

私が住んでる地域は鹿児島ですが、これからは本州の方も同じような状況になりそうです。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=”https://weathernews.jp/s/topics/201707/180185/″)

エアコンが使える場所であれば、今年の夏はあまり節約を意識しすぎると熱中症になる危険も高まりますので、今年は節約はあまり意識しすぎない方がいいかもしれません。

今年は特に熱中症で運ばれている患者の数も多いです。「自分はいつも大丈夫だから。」って油断をしないで、汗をかいたらこまめな水分補給と塩分を取るように心がけてください。おかしいなと思ったら休息を取るように。油断をしている人が一番危ないです。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=”http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170721/k10011068331000.html″)

 

小さなお子さんや高齢者がいる家庭は周りがしっかり様子をみる

小さなお子さんや高齢者のいるご家庭は周りがしっかり気を配るように心がけてください。

小さなお子さんもですが、高齢者も齢を重ねるごとに温度を感じにくくなるため、気が付かない間に熱中症になる場合があります。

高齢者の方は昔のイメージでエアコンは電気代が高くつくイメージを強くもっていてなるべく節約しようとする方もいます。しかし、今は昔と気温もエアコンの性能も違います。周りがそのことを伝えて、エアコンの使用に躊躇させないようにしましょう。

水分は冷えたものよりも常温で

なるべくなら水分はキンキンに冷えたものより常温のものを飲むようにしましょう。あまりに冷えすぎていると、内蔵に負担がかかってしまうので注意です。もし、冷たいものを飲む場合は一度、口に含んでから飲むようにした方が、負担は軽く出来ます。

また一気に飲むのではなく、こまめに摂取するのも大事です。一気に飲むと、胃が急激な温度変化にビックリしてしまいますから。

塩分の摂りすぎにも注意

塩分の摂りすぎも身体にはよく無いので、あまり摂りすぎないようにしましょう。外で働く人やスポーツをして大量に汗をかくひとには、市販のタブレットなどはオススメです。

ドリンクに入っているものもありますが、ものによっては塩分や糖分の過剰摂取になるものもあるので注意が必要です。

室内にいてあまり汗をかかないって方はあまり塩分を意識しすぎない方がいいです。水分と温度管理を意識するといいでしょう。

 

このタブレットは程よい甘さで食べやすくてオススメです!!出来ればタブレットをなめて水分も摂るのがベストです。タブレットだけだと少しのどが渇きますので。

Amazonだと結構水も安いので、一緒に会社なんかに買っておくと結構便利です。私は今日、水を大量注文しました。ww

 

まとめ

今年は本当に何度も言いますが、十分警戒をしてください。熱中症は最悪、死に至る可能性もあります。そうなってからでは遅いので、事前に個人で対策を行うことが大事です。

お子さんや高齢者は熱中症に気が付くのに遅れる場合があるので、しっかりと周りがフォローするようにしましょう。今年は昼間だけでなく夜も注意が必要です。寝る前にはコップ一杯、水を飲む習慣をつけておくといいです。

まだ、今年の夏は始まったばっかりです。楽しい夏にするためにも、体調管理をしっかりとしていきましょう!!

それではまたノシ

 

アルファ☆ロメ男(@Alfagoodone

関連記事
夏の夜の最適なクーラーの使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA