禁煙成功のコツと禁煙で実際に使って役に立ったもの

ドォーモ。気が付けば、禁煙から一年ちょい経過した、アルファ☆ロメ男です。

私は今まで、2回の禁煙をして、一度は失敗をしました。今回の禁煙が2回目の禁煙宣言なわけですか、一回目と比べると意外とあっさり禁煙に成功しました!

最初こそつらいものの、そこを乗り超えてしまえばなんとでもなります。

今回はそんな最初のつらい期間どのように過ごせばいいのか、私の実体験を元に私の行った禁煙生活をご紹介していこうと思います。

禁煙に絶対に必要なもの「止める意志」

まずはこれが無いと始まりません。

以前も禁煙についてお話をしましたが、この「止める意志」というのは必ず必要になってきます。

この「止める意志」を維持出来なくて、禁煙を途中でやめてしまったりするんですよね( ^ω^)・・・

私も、実際に一回目の禁煙の時はそうでした。宣言こそしたものの、最初の一週間で簡単に挫折してしまいました。

禁煙は習慣化された脳を変えるのが大変

禁煙は「タバコを吸う」という習慣化された行為を変えるのが大変です。

あなたもタバコを吸うときを思い出して欲しいのですが、「タバコを吸う」行為ってだいたい決まったタイミングで行っていませんか?

  • 朝起きての一服
  • 食後の一服
  • 通勤時の車の中
  • 仕事の合間
  • 自宅での休息時間

私の場合はほとんどが決まっていました。本数も多少の前後はするものの、毎日、決まった本数を吸っていました。

「習慣化された」行為を何で代用するのが禁煙成功への近道

私はこの「習慣化された」行為を「タバコを吸う」行為ではない「何か」で代用することで禁煙は成功につなげることが出来るのではないかと考えました。

実際に禁煙を始めた際には色々なものを試しました。電子タバコにタブレット、ストローなんかも試した時期もありました・・・

 

私の禁煙成功のきっかけは食べ物

私が禁煙に成功したのに使ったものは、どこにでも売っている意外な食べ物でした。

私の禁煙成功アイテム「ガム」「アメ」「グミ」

私が禁煙を成功させるうえで欠かせないアイテムとなったのは「ガム」「アメ」「グミ」の3つの食べ物でした。

これはどれか一種類だとダメです。3つが全部揃ってこそ真価を発揮します。

「習慣化された」行為を状況に合わせたアイテムで代用する

3つが必要な理由は状況に合わせて出来る限り、「タバコを吸う」行為の目的に近づけるためです。

先ほど私が上げたタバコを吸うタイミングを例にあげて説明します。

  • 朝起きての一服     眠気覚ましの為なので、「ガム」
  • 食後の一服       お口直し、3つのどれでも可
  • 通勤時の車の中     手に持つ行為をしないと落ち着かないので棒付きの「アメ」
  • 仕事の合間       3つのどれでも可
  • 自宅での休息時間    口寂しくなるので「グミ」

 

タバコを吸う行為の目的を「ガム」「アメ」「グミ」で近い行為に代用することで、「習慣化された」行為になるべく近づけます。

パっとみた感じだと、どれか一つでも代用できそうなものですが、3つをうまく使い分けた方が禁煙は必ずはうまくいきます。

ガムだけで過ごすとあごがいたくなったり、お腹がゆるくなったりもします。

アメだけで過ごせば糖分を取りすぎてしまったり、口の中が荒れてしまったりします。

グミだけだと、グミは噛んだらすぐに無くなってしまうので、コスト的にも悪いし、お腹にもたまりやすいです。

3つをうまく振り分けることによって、いい感じにバランスがとれてストレスも最小限で済みます。

 

それでも「ニコチンの禁断症状」には勝てない

ただし注意して欲しいのは禁煙開始から2週間~1ヶ月程度はニコチンの副作用である禁断症状が出ることがあるので注意してください。

人によって症状はさまざまですが、私の場合は眠気が酷かったです。他にもイライラしたりする場合のあるので、出来るならば、仕事に少し余裕がある時から禁煙を始めることをオススメします。

最初は我慢が辛いですが、そこを乗り越えないと「禁煙」は成功しません。しかし、徐々にニコチンも抜けてくるので症状は徐々に和らいでいきます。

ちょっとの辛抱なので、そこはさっき言ったガムやアメ、グミを駆使してどうにか乗り越えてください。

電子タバコじゃダメなの??

「電子タバコで代用するのはダメなの??」って思ったりもするでしょう。

私も実際に禁煙を開始したとき、最初に使ってみたのは電子タバコでした。

電子タバコとはいってもアイコスなどのニコチンが入ったタイプのものではなく、水蒸気タイプのニコチンが入っていないタイプのものです。

カードリッジにフレーバーを注入して、水蒸気を吸って楽しむものです。私も実際に使ってはみましたが、あまりオススメはしません。

理由としてはいくつかありますが、主な理由がこちら

  • コストが高い
  • フレーバーに使われている成分がタバコより危険な可能性がある
  • 最初はいいが、すぐに飽きる

主な理由はこの3つが主な理由です。

電子タバコは機械だけでもしっかりしたものは1万円くらいするので、初期はコストがかかります。機械だけで済めばいいですが、別途液体フレーバーやカトマイザといわれる部品などを交換する必要もあります。

交換部品やフレーバーを使用していくと、月間で¥5,000~ほどのコストがかかるので、けっして経済的とは言えません。

他にも、フレーバーは海外製品がほとんどで、中身の成分に何が入っているか分からない製品も多く出回っています。日本製のフレーバーも販売はされていますが、入手するのが結構面倒で取り扱いをしている店舗を探すのにまず苦労します。

タバコを吸う行為の代わりとして使用するのも手かもしれません。しかし、使ってみてコストパフォーマンスの悪さとフレーバーの入手のめんどくささから、私の場合は最初の1週間で使わなくなりました。

個人的には「グミ」が一番の救世主

私の中では「グミ」が禁煙するうえで一番の救世主でした。

ガムやアメに比べて長時間口の中に残らないし、食感も様々なパターンがあって自分好みの食感を探すのが結構、楽しかったです。

「グミ」にはコラーゲンも豊富に入っているので、お肌にもいいですww

特に私のお気に入りだったグミは「UHA味覚糖 むっちりグミ」でしたね。

 

食感は弾力があって噛み応えばっちりだし、味も2種類入っていたから飽きにくかった。ほかにもオーソドックスな果汁グミだったり、フェットチーネグミだったりを気分に合わせて変えていたから飽きることはなく、三ヶ月くらいはずっと食べてましたww

今はその反動でしばらくはグミはいいかなって感じになっていますが・・・

自分に合った代用品を探してみよう

私の場合は「ガム」「アメ」「グミ」の3つを使って「タバコを吸う」代用にしましたが、他のものを探すのも全然ありだと思います。

渋く「酢こんぶ」で禁煙とかもある意味カッコイイと思いますし、「するめ」なんてのも自宅にいるときはアリなんじゃないかと。

「タバコを吸う」行為の習慣化を取り除ければそれでいい

とにかく、「タバコを吸う」行為の習慣化を取り除くことさえ出来れば、実際に使う道具はなんだっていいです。

私の場合はその習慣化を取り除くツールとしてぴったりだったのが、「ガム」「アメ」「グミ」だったってだけです。

でも、代用品を探すのに、私は結構苦労をしたので、実際は「ガム」「アメ」「グミ」の3アイテムは私の中で結構オススメです。

さいごに

禁煙ってヘビースモーカーにとっては本当に大変です。しかし、乗り越えた先には違った世界が見えてきたりもします。

実際に私は、結果として「禁煙」が人生を変える大きなきっかけにもなってくれました。詳しい話はこちらで紹介しているので、今回は省略します。

あなたも「禁煙」でひょっとしたら人生が大きく変わることがあるかもしれません。

もし、何も起きなったとしても禁煙が成功しただけでも、それは大きなメリットです。少なくとも健康には近づいてることは間違いないのですから。

一度諦めていたあなたも、これから禁煙しようかと考えてるあなたも、思ったときこそが実行に移すチャンスです!!

さっそく明日からあなたも、禁煙生活始めてみてはいかがですか??

 

アルファ☆ロメ男(@Alfagoodone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA