カップ麺の容器をキレイに保存する方法【カレーメシ×アイドルマスターシンデレラガールズ】

ドォーモ。カレー大好きアルファ☆ロメ男です!

以前、ご紹介した「カレーメシ×アイドルマスターシンデレラガールズ」が今日、やっと我が家に到着しました。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=”https://store.nissin.com/jp/special/imascg/index.html″)

限定10,000個って言われて買ったはいいものの、こういった限定コラボ商品って実際、食べていいものか悩みますよね。

でも、食品なので食べてしまわないともったいない。

食べた後に洗って保存するのもいいけど、使った容器をディスプレイとして保存するのもなんか抵抗ありますよね・・・

そこで今回は、こういったコラボ商品を美味しく頂きつつ、パッケージをキレイに保存する方法をご紹介していきます!!

用意するもの

用意するものは、いつもカップ麺を用意するものに、数点プラスする程度です。

用意するものは以下の6点

  • カップ麺(インスタント食品)
  • どんぶり皿(ラーメン鉢)
  • 平皿
  • なべorやかん(なべやかん)
  • 計量カップ
  • ステックノリ(画像にはありませんが・・・)

 

以上の6点です。あと、あれば便利なのはキッチンタイマーや時計ですがこれはカップ麺を作るときと変わらない感じで大丈夫なので、時間さえ分かれば大丈夫です。

軽量カップが無い場合はホット用のペットボトルなどがあればサイズ的にはちょうどいいので、代用できます。

調理開始!!

インスタント食品を調理と言っていいものか微妙なところですが、さっそく調理開始です。

カップ麺(インスタント食品)の準備

まずはカップ麺(インスタント食品)の準備からです。

今回は「カレーメシ×アイドルマスターシンデレラガールズ」ということで麺ではなくライスですが、やり方は同じです。

  1. まずは蓋を中身を取り出せるくらいまで開封します。
  2. 中身を取り出し、用意したどんぶり茶碗に中身を移す。
  3. 空になった容器の中身を確認して、気になる場合は布やティシュなどで汚れを取り除く

終わったらこんな感じ

これで、カップ麺側の準備は完了です。

お湯の準備

ここからはお湯の準備です。

単純にお湯を準備すればいいのですが、ここでいつものカップ麺の準備と違う点が1つ。

お湯の量が分からなくなるので、お湯の量を確認する工程が必要になります。

ここで必要になるのが計量カップです。今回のカレーメシには幸いにもお湯の分量が書いてありました!

書いてある通りに沸騰したお湯を計量カップでお湯の量を計ります。

このとき、計量カップが無い場合はホット用のペットボトルで代用するといいです。

ホット用のペットボトル、または缶を使うといいです。ホット用のペットボトルの容量はほとんどが280mlなので、ちょっと少ない程度入れればちょうどいい量になります。

お湯を投入!!

ここでやっとお湯の投入です。

先ほど用意したどんぶり皿にお湯を注ぎます。

お湯を注いだら、調理時間にタイマーをセットして平皿でフタをします。

もし皿が無い場合はアルミホイルやサランラップなどで代用しましょう。

あとは、いつも通り待つだけです・・・

待ってる間に容器の加工をしよう!

出来上がるまで時間があるので、ここで容器の加工をしましょう。

容器の縁に用意したステックノリを少し多めに付けます。少ないとなかなかくっついてくれません。

ステックノリは色が変わるタイプのものが分かりやすいですが、ない場合は通常のもので大丈夫です。

付け終わったら乾かないうちにフタをします。

軽く指で押さえつつ、フタと縁をなじませます。このときフチが浮く場合があるので、その時は平らなものを重し代わりに載せておくとキレイにくっつきます。

後は乾くまで置いておくだけです。

そんなこんなしてたら、食事の方も出来上がる時間が来てくれます。

[aside type=”normal”]

実は最初は縁にやかんや鍋を当てて、元々商品に付着したノリを復活させる方法を試みていました。

しかし、カレーメシの場合は温めても粘着力は復活せずくっつきませんでしたので、試そうと思っている人は注意。[/aside]

完成!!

作業をしている間にいい感じに時間は過ぎて、料理の方も完成です!!

 

じゃじゃ~ん!!

 

 

THE・インスタントww

 

見た目美しくでも撮影しようかとも思ったのですが、インスタントはインスタントでした・・・

肝心なのは味ですよね

さっそく実食です。

私自身はカレーメシに関しては初めて食べましたが、なかなかに美味でした!!

若干ぬるいものの、食べるにはちょうどいいくらいの温度です。

カレーメシ自体の味はスパイスが結構効いていて少し辛めです。辛いのが苦手な人には少し辛すぎるかもしれません。(ちなみに食べたのはチキンかれ~らいす味)

予想していたよりボリューム感もあって、カレーメシだけでも結構満足感が得られました!

私の好みの味だったので、普通に完食。

ごちそうさまでした。

パッケージの方も完成

食べ終わったころには、パッケージの加工の方も出来上がっている感じです。

キレイにくっついてくれてました!!

どうせなのでほかの未開封のものと一緒に並べてみます。

ビニールが無い以外は見た目に変わりはほとんどなくて、いい感じに仕上がりました!!

これで、すべての工程が終了です。食事も今日は質素に終わりましたが、ごちそうさまでした。

まとめ

今回は、中身を美味しくいただきつつ、パッケージをキレイに保存する方法をご紹介でした。

私の場合は撮影しながらの調理だったので、いつもより倍くらい準備に時間がかかってしまいました。しかし、撮影無しの場合ならいつもの調理+5分程度で完成するので、結構手軽に出来る作業です。

もっとこだわりたい場合はビニールをカッターなどで切って、今回の作業の後に再びビニールを元の位置に加工し直す方法もあります。

今回は時間の都合で実践には至ってませんが、時間があれば挑戦してみようと思います。

 

[aside type=”warning”]

今回使用した、「カレーメシ×アイドルマスターシンデレラガールズ」限定10,000個となっています。

この記事を書いている8月26日にホームページを確認しましたが、まだ在庫はありました!

購入者限定でカレーメイシお渡し会に参加できる抽選券も同封されているので、行ってみたい方はお早めに購入を。

[/aside]

「カレーメシ×アイドルマスターシンデレラガールズ」に関しての詳細はこちらの記事でも紹介しています。

カレーメシ×アイドルマスターシンデレラガールズの特別BOXセットは限定10,000個!!

 

アルファ☆ロメ男(@Alfagoodone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA