片手にすっぽりSIMフリースマホ ASUS【ZenFone Live】

ドォーモ。アルファ☆ロメ男です。

今日はお手頃価格で使いやすいSIMフリースマホのご紹介です。

今日、紹介するのはASUSさんの新機種「ZenFone Live」という商品になります。「ZenFone3」との違いなども交えてご紹介していきますのでよろしくお願いいたします。

ASUS ZenFone Live


ASUS (https://www.asus.com/)

ZenFoneシリーズ中、一番手頃な価格だけど新機能搭載

この「ZenFone Live」は今までのZenFoneシリーズの中でも一番手頃な価格で発売されました。

公式SHOPでは21,000円程度しますが、格安SIMの会社によっては一万円台で購入出来るとてもリーズナブルなスマホです。

しかし、それだけではありません!新機能「美人エフェクトLive」を搭載しています!

「美人エフェクトLive」とは自撮り写真だけでは無く、自撮り動画の際も肌の色見を調整してキレイな姿で動画を配信出来る機能です。いまいち使いどころが分からないかもしれませんが、TwitterやFacebook、YouTubeにすぐに投稿したい場合には重宝しそうな機能です。リアルタイム配信でもしっかり補正美しくみせてくれます。

 

その他のZenFoneシリーズ

ASUS ZenFone3シリーズの違い~無印・MAX・Laser・Deluxe・Ultra~

価格がお手頃な分、性能は控えめ

価格がお手頃な分、性能は控えめになっています。

CPUはSnapdragon 400とかなり控えめ。通話やブラウジングに関しては気にしなくていいですが、ゲームをプレイする場合は負担の少ないものしか遊べないです。3Dゲームはプレイ出来ないと思っていてください。

メモリは2GBのストレージ容量が16GBです。画面サイズは5インチとZenFoneシリーズの中ではコンパクトなモデルです。重量も120gとかなり軽めです。

SIMの対応はドコモ系とau系のどちらも使用可能です。もちろん格安SIMの利用も出来ますので、コストパフォーマンス重視の方にはありがたいモデルです。

ZenFone3
ZenFone Live
CPUQualcomm Snapdragon 625Qualcomm Snapdragon 400
画面サイズ5.2インチ
5.5インチ
5.0インチ
メモリ
ストレージ
【メモリ3GB ストレージ32GB】
【メモリ4GB ストレージ64GB】
【メモリ16GB ストレージ16GB】
最大待ち受け時間
(3G通信時の参考値)
約434時間
もしくは
約458.4時間
約300時間
カメラ画素数1600万画素1300万画素
500万画素
※両面LEDフラッシュ

 

格安SIM各社でも「ZenFone Live」取り扱いが始まってきてます

格安SIMの各社でも、取り扱いを開始し始めているところもあります。

格安SIMの乗り換え時の初期投資を控えたい場合や、故障した時の代替機として持っておくってのもお手頃な価格でいいですね。

私が使っている格安SIMの「BIGLOBE SIM」でも取り扱いが開始されていました!月々端末代、820円から持てるので、負担が少なく持てますよ。ちなみに余裕があるときには一括払いに切り替えることも可能です。

【BIGLOBEスマホ】 最大20,000円キャッシュバックでオトクにお使いいただける特典実施中!

ZenFone3レビューはこちら(主にデレステの動作確認)

ZenFone3をandroid7.0にアップデート!ガルパやデレステの動作確認含みます。 ASUS ZenFone3(ZE520KL) レビュー【デレステ、バンドリ!(ガルパ)プレイ用】

まとめ

今日は「ZenFone Live」をご紹介しました。性能としては、「ザ・エントリーモデル」といった感じですが、サブ機としてや、手軽に使いたい人には使いやすいモデルです。

今回の「ZenFone Live」のターゲットは女性って感じの作りです。ZenFoneシリーズの中で一番最軽量でコンパクトと持ち運びやすさも「ZenFone Live」のいいところですね。

まぁ、あくまでエントリーモデルなので、「サクサクゲームをプレイしたい。」とか、「ストレスなく使いたい。」って人はZenFone3やZenFone3 Deluxeの方がオススメです。

【ミリシタ】のZenFone3でプレイ可能!その他、オススメのスマホ紹介

 

そうそう!!機種変更を近々予定されている人は、もう少ししたら「ZenFone4」の発表がありそうなので、出来れば少し様子をみておいた方がいいですよ。日本での発売は早くても9月くらいになりそうですが。ZenFone4は結構ハイスペックモデルになるって噂なので、性能重視の人は「ZenFone4」の方が魅力的かもしれません。私自身はすごく楽しみにしています。

なので、間をつなぐ「ZenFone Live」って考えもアリですww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA